格安で名刺を作成する方法

Vistaprint(ビスタプリント)と銀行振込について

カラーデザインの名刺がインターネット上で作成できたり、iPhoneケースや文房具といったオリジナルの製品が購入できるVistaprint(ビスタプリント)は、世界中の方が利用しております。

少しでも消費者が利用しやすいサービスだと感じるように、銀行振込とクレジットカード決済の2種類の支払い方法が選択できるところが利点です。

SSL暗号化を採用しているので、個人情報の管理体制は間違いなく、セキュリティに関してはバッチリなのではないでしょうか。

銀行振込でVistaprint(ビスタプリント)に名刺の作成を依頼する場合、こちらから振込み手数料を支払わなければならないものの、クレジットカードであれば私たちが負担する必要はないのです。

クレジットカードを持っていない方でも、気軽に銀行振込で利用できるからこそ、Vistaprint(ビスタプリント)に依頼する方は増えているのかもしれません。

期間によって実施されているキャンペーンが異なるので、一概には説明することができませんが、現在では100枚のプレミアム名刺が990円という格安の料金で販売されております。

数多くのテンプレートから選択して名刺を作れますし、自分で作成したイラストなどを活用し、オリジナルの名刺を作ることも可能です。

自宅でビジネスで使用する名刺を全て印刷するのは意外と大変なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、このページでは、Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してもらう際に、どのような手順を踏めば良いのか簡単に説明していきます。

まず、公式サイトを見てみると、たくさんのデザインがあり、「ビジネスタイプ」や「現代風」など、自分の好みに合わせてテンプレートを決めるのです。

会社員勤めの男性にも、美容室で働く女性にも適したデザインがVistaprint(ビスタプリント)では取り揃えており、どれも同じ料金で作成できるのが優れているところかもしれません。

そして、テンプレートを決めてクリックすると、パワーポイントの編集画面が表示されるので、名前や住所、電話番号といった名刺に記載する情報を自分の好きな文字のフォントや大きさで入力していきます。

間違えて入力しても、何回でもやり直すことはできますし、この画面の起動は無料で行えるということで、操作に慣れるまで何度も試してみるべきです。

納得のいく名刺が仕上がったのであれば、左下に表示されている「無料PDF校正を見る」というボタンをクリックすると、名刺のサイズの大きさに変換されるので正確にイメージのチェックができます。

その後に、枚数や加工方法を設定し、銀行振込なのかクレジットカード決済なのか選択する画面になるので、正確に入力して注文を確定させましょう。

「Vistaprint(ビスタプリント)」に関するページ