格安で名刺を作成する方法

名刺とQRコードについて

最近では名刺の中にQRコード(クイックレスポンスコード)を載せる方法が流行っており、名刺を受け取った相手はバーコードリーダーでかざすだけで自分の情報を読み取ってくれるので、非常に利便性が高いのです。

QRコードを載せておけば、名刺をもらった相手は自分の電話番号やメールアドレスをいちいち入力しなくても、携帯電話に登録できるようになります。

そもそも、QRコードとは複数のセルで構成されたコードのことを指し、仮名や漢字の含まれた複雑な情報だったとしても、小さなスペースに凝縮できるため、チラシなどでも採用されているのです。

名刺にQRコードを載せる場合、名前や電話番号、E-mailやURLだけではなく、趣味や自己PRなどの情報を載せておけば、他の人にはない一味違った名刺になることは間違いありません。

シンプルな名刺も好感度をアップさせるための手段かもしれませんが、ありきたりな名刺では差をつけることはできないため、QRコードを上手く活用することがビジネスチャンスを広げる選択肢だと説明できます。

ただし、QRコードは基本的にどんな情報でも載せることができるものの、あまりにも内容を詰め込みすぎるとセルのサイズが小さくなり、読み取りにくくなるため、入力するのが面倒なメールアドレスやサイトのURLに絞り込んだ方が良いでしょう。

そして、残りのスペースには名前や住所、会社名といった重要な事柄を記載し、今現在行っている事業内容や自己PRなどを加えれば、魅力的な名刺が出来上がるというわけです。

名刺に加えるQRコードを作成するには、無料で利用できる制作サービスサイトが一番で、必要な情報を入力して作られたQRコードをダウンロードするだけとなっております。

初心者でも意外と簡単に作れますし、難しい作業は必要ないということで、QRコードを組み込んだ名刺を作成してみるのは良いかもしれません。

ただし、自作で作る場合は、バーコードリーダーで読み取れないことがあるので、実際に印刷して読み込めるかどうか確かめておくべきです。

自分でパソコンやプリンタを使用し名刺を作成するのではなく、このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)を使用し、QRコードの入った名刺を作成することは可能となっております。

数ある業者の中でも評判が良く、100枚で990円という低料金でオリジナリティの高い名刺を作れるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作り方」に関するページ