格安で名刺を作成する方法

名刺とロゴについて

名刺に自分の会社のロゴを入れるという方は多く、見た目のイメージを良くするための手段の一つだと説明できます。

ただ名前や住所といった必要事項だけを記載した名刺よりも、ロゴマークを掲載した方が印象はグっと良くなりますし、自分の会社の宣伝にも繋がるのです。

ロゴマークをデザイナーの方に作成してもらうとなると、高い費用がかかる可能性はあるものの、自分で用意したデータであれば特に高い費用がかかるというわけではありません。

名刺作成業者によって異なるので一概には説明できませんが、基本的には印刷用のロゴデータを業者にメールで送る形となっており、テンプレートを決めた後に好きな場所に組み込んでいきます。

もちろん、名前や住所といった文字を入力する位置は自分で定められるので、オリジナル性の高い名刺を業者に作ってもらえるというわけです。

「スピード名刺ドットコム」という業者では、元々のサンプルの画像とご自分で用意した会社のロゴマークを組み合わせて作成することもでき、「Adobe Illustrator」のデータをメールで送る仕組みとなっております。

ai形式でもeps形式でも可能で、ロゴを名刺の中に組み込んでオリジナル性の高い名刺を仕上げられるというわけです。

ただし、GIF形式の画像など、ホームページに表示されているロゴの場合、パソコンのモニターでは綺麗に表示されたとしても、小さな点を組み合わせて構成されているため、拡大するとギザギザのような表示になる場合があります。

つまり、名刺として印刷した際に綺麗に写らないというケースが多いため、「Adobe Illustrator」といったソフトを使用してロゴを作成した方が良いというわけです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも同じように、解像度の関係上、画像が上手く表示されない可能性があるので、詳しいことはカスタマーサポートに問い合わせてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺の中に入れるロゴの位置を気にする方はいないかもしれませんが、これは意外と重要な要素の一つだと説明できます。

人間の目は、文字よりも図形などに目がいくという特徴があり、名刺を受け取った際にロゴマークが表示されていれば、名前や住所といった文字よりも先にロゴに目をやるというわけです。

そのため、名刺の右上や左上の辺りにロゴマークを表示させていれば、そのまま文字へと流れるように目をやることができるため、全体的に見やすい名刺となるのではないでしょうか。

このような配置の名刺を作っていれば、堅実的な印象を相手に与えることができ、誠実さや安定さといった印象が必要となるビジネスにおいて、ロゴマークの位置は想像以上に重要というわけです。

背景にロゴマークをドンと表示させるのも方法の一つですが、全体的に淡い印象になりやすいため、白抜き加工を行ってメインロゴが目立つように作成してください。

「名刺の作り方」に関するページ