格安で名刺を作成する方法

名刺と電子化について

遥か昔からビジネスの場で用いられ続けてきた名刺ですが、近年になって名刺も電子化できるのではないかという話が上がっております。

実際に名刺をお互いに渡すことで、初対面の人との交流を深めるという意味もあるので、この習慣がなくなるのはどうかと思いますが、インターネットの発達によって名刺の電子化も十分に可能というわけです。

確かに、紙面の名刺を使っていると、「名刺を切らしている時に急な商談が入ってしまった」「部署が変わる度に取り引き先に告げなければならない」というトラブルが引き起こされる可能性があります。

これだけIT化が進んでいるのにも関わらず、未だにカードでのやり取りを行うのに疑問を抱えている方は多く、名刺のデジタル化が遅れていることは間違いありません。

名刺を管理するのも意外と面倒で、毎日のように営業に回っているサラリーマンの方は、取り引き先の名刺が山のように集まり、何が何だか分からなくなることも十分にあるはずです。

そんな時に名刺が電子化されていれば、簡潔に取り引き先をリストで分けられますし、資源の無駄にもならないので、たくさんのメリットがあるのは事実だと説明できます。

そんな中、名刺の電子化やデジタル化を試みようと、スマートフォンで名刺のデータを一括して管理できる「電子名刺アプリ」が登場しました。

最初は誰もが便利な機能だと感じたものの、「電子名刺アプリ」は同じアプリケーションを所有していなければ利用できず、更に交換する際にスマホを振らなければならないといった弊害があり、現実に即していないサービスということで不急には至っておりません。

このような問題を解決してくれるかもしれないアプリが、2013年の12月に登場し、「Cofame」という名前を聞いたことがある方はいらっしゃるはずです。

「Cofame」はスマートフォンを活用する電子名刺の一種となっており、自分の名刺をカメラで撮影し、画像として専用のアプリに取り込むことでデジタルデータとして名前や住所といった必要事項が表示されます。

実際に名刺を交換する際に、スマートフォンを差し出すことで、登録されたデータが相手に送信されますし、「Cofame」をインストールしていなくてもSMSか電子メールで情報を送れるというところが大きなメリットだと言えるでしょう。

とは言え、このように電子化された名刺が広まるかどうかは分かりませんし、古来の習慣がなくなることに対して懸念を抱いている方も少なからずいらっしゃるので、現代の若者でも名刺交換の際のマナーはしっかりと心得ておいた方が良さそうです。

 

 

「名刺の作り方」に関するページ