格安で名刺を作成する方法

名刺とクラフトについて

強度のある紙として包装用紙などに活用されているのがクラフト紙で、名刺の印刷の際にも使われております。

確かに、名刺に使われている紙質は硬いものが多く、ヒラヒラとした薄っぺらい紙を使っているという方はほとんどいらっしゃいません。

紙が薄ければ薄いほど、相手に名刺を渡しにくいですし、商談の際に机の上に置いてもどこかに飛んでいってしまうかもしれないので、クラフト紙といった硬い紙質が適しているというわけです。

全ての業者でクラフト紙が用いられているというわけではありませんが、印刷通販の「プリンパッ!」では、3種類のクラフト紙が取り入れられております。

使用済みの割り箸のリサイクル繊維を使用し、厚手の用紙で仕上げたモダンクラフトが最も名刺の作成には適しており、使い込んだ質感を表現できるというメリットがあるのです。

薄めの茶色がかった背景なので、ロゴマークを入れるという場合は注意が必要で、同じような色のロゴですと上手く表示されないことがあります。

そのような際は、漂白処理された木材パルプを原料とした半晒クラフトや、素朴で素材感を最大限に生かしている未晒クラフトで名刺の印刷を行うべきです。

「プリンパッ!」に新規会員登録を行えば、現在はキャンペーン中につき1,000ポイントが普及されますし、3,000円の注文で送料が無料というのもありがたいのではないでしょうか。

クラフト用紙は種類によって異なるものの、独特の風合いを出せるというのが最大のメリットで、相手にインパクトを与えることができます。

サラリーマンの方で茶色がかったクラフト紙の名刺を作成している方は少ないかもしれませんが、クラフト紙を使ってはいけないという決まりはないですし、他の人と差別化するのは大事なことなのです。

もちろん、いくら用紙が良くても、ただ文字を並べただけの名刺では相手に好印象を与えることはできないので、ロゴマークを入れてインパクトを大きくしたり、裏面を活用して自己アピール文を入れてみたりと、一工夫することが大事なのは間違いありません。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)は、残念ながらクラフト紙は採用しておらず、一般的なホワイト・マット紙となっております。

しかし、たくさんの種類の中からテンプレートを選択できますし、短納期で高品質の名刺をお客様に届けるということをモットーにしているので、是非Vistaprint(ビスタプリント)で注文してみてください。

「名刺の作り方」に関するページ