格安で名刺を作成する方法

名刺とクリアカットについて

名刺を自宅で作成するという場合は、パソコンとプリンタを用意し、印刷を行ってカットするという流れになっております。

しかし、普通の用紙では複数枚の名刺を印刷した後に、裁断機でカットしなければならず、普通のカッターやハサミでは綺麗に分けられないため、クリアカットの用紙を使用するべきです。

クリアカットの名刺であれば、疑似接着されている周辺部分を剥がすだけで切り取れるようになっているので、ミシン目が目立つということはありません。

普通の名刺作成用紙を使って印刷をするよりも、クリアカットタイプの用紙の方が圧倒的に仕上がりが美しくなるので、この用紙を購入した方が良いというわけです。

クリアカットタイプの用紙は幾つもあるので全てをご紹介できないものの、インクジェットプリンタ用の名刺用紙のKOKUYO(コクヨ)の製品がおすすめとなっております。

両面マット紙のアイボリー色の自然な印象を与えられる用紙となっており、A4サイズの用紙10枚で419円という価格でAmazonで販売されておりました。

自宅で名刺を作成する場合、既にプリンタを持っているのであれば用紙代とインキ代を支払うだけなので、コストを抑えられるのが大きなメリットだと言えるでしょう。

しかも、普通の用紙であれば裁断機でカットしなければならないものの、クリアカットタイプの用紙を使えば、自宅でも綺麗な名刺が作成できるというわけです。

とは言え、やはり業者に依頼した名刺と比べると、自宅で印刷した名刺は劣るので、見た目を重要視したいのであればVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

Vistaprint(ビスタプリント)は、低料金で高品質の名刺を提供してくれる数少ない業者なので、是非利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺の作成で使用する用紙は、ミシン目がなく仕上がりが綺麗になるクリアカットタイプだけではなく、マイクロミシンカットタイプもあります。

小さなミシン跡を2回から3回に渡って折り曲げ、切り離すタイプの用紙となっているため、切り離した後のエッジが綺麗というのがマイクロミシンカットタイプの大きな特徴です。

また、あらかじめ名刺サイズにカットされている用紙も現在では登場しており、自分で切り分ける必要がないということで、最も便利だと言えるかもしれません。

しかし、このタイプの用紙は、名刺サイズの印刷に対応したインクジェットプリンタでなければ使用できないので、お手持ちのプリンタが対応しているかどうか事前にチェックしなければならないのです。

名刺を作るに当たり、テンプレートといった基本的なことだけではなく、用紙の選び方も重要なポイントの一つだということを心得ておきましょう。

「名刺の作り方」に関するページ