格安で名刺を作成する方法

名刺とバーコードについて

ホームページやチラシの中に、最近ではバーコードが表示されているものが多く、携帯電話のカメラで読み取ることにより、データが反映して登録を行うことができます。

このシステムを利用して、名刺にバーコードを貼り付けている方がおり、自分の電話番号やメールアドレスなどをQRコード化すれば、相手は面倒な手続きをする必要もなく読み取れるというわけです。

ただ携帯電話のカメラを合わせるだけでバーコードを読み取れるので、面倒だと感じる方はいらっしゃらないはずですし、直ちにその名刺から自分の携帯電話に登録ができます。

しかも、バーコードを利用すれば名刺に空白のスペースができるため、そこに事業内容や自分の資格などを掲載できるため、名刺の有効活用に繋がるというわけです。

名前や住所などを記載したありきたりな名刺では、他人と差を付けることはできないため、デザインに拘るだけではなく、バーコードなどを組み込んでみるのは良いかもしれません。

一度読み込んだURLや電話番号は、自動的にリンクが設定され、次からは携帯電話で直接アクセスできるようになるので、便利な機能だと言えます。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、バーコード入りの名刺を作成できるので、優れた業者の一つです。

デザインも豊富に取り揃えてあり、自分好みの名刺が作成できるのにも関わらず、100枚で990円という魅力的な料金設定となっているので、ビジネスマンの方は積極的にVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺に載せるバーコードは、イラストレーターCS3やフォトショップCS3を使用することで作れます。

業者に依頼しなければ作れないというわけではなく、自分で作成することも可能なので、プリンタを持っているという方は専用のソフトを利用して、バーコード入りのオリジナル名刺を作るのは一つの選択肢なのではないでしょうか。

初めての方でもそこまで難しいというわけではなく、QR制作サービスサイトでバーコードを作成し、フォトショップでグレースケールに変換してからイラストレーターで自分の名刺に貼り付けるだけです。

たったこれだけの作業で、自分の電話番号やメールアドレスをバーコードで読み取れる名刺を作成できるので、試す価値は大いにあると言えます。

ただし、あまりにもたくさんの内容を白黒の点々の中に詰め込みすぎていると、セルが小さくなって読み取りにくくなるため、実際に相手に渡す前に自分でプリントアウトして読み取れるかどうか確認しておくべきです。

「名刺の作り方」に関するページ