格安で名刺を作成する方法

名刺の作り方について

名刺の作り方はそこまで難しいというわけではないので、自分で作成することも十分に可能となっております。

パソコンの中に入っているソフトのワードを活用したり、アドビから販売されているグラフィックソフトのイラストレーター(Illustrator)を使ったりして作れるのです。

ワードを使った名刺の作り方は「名刺の作成とワード」で記載されておりますし、イラストレーター(Illustrator)を使用する場合も、座標を利用してオブジェクトの移動や修正を行うだけなので、初心者の方でも使いこなすことはできます。

どちらにしても、名刺を自宅で作るためにはパソコンとプリンタ、そして名刺を印刷するための用紙が必要となり、量販店や文房具屋さんで数多くの種類が販売されているでしょう。

プリンタさえ持っていれば、用紙代を支払うだけで名刺が手軽に作成できますし、必要な枚数だけ印刷すれば良いので、実にエコロジーだと説明できます。

業者で使われているプロの印刷機とお手持ちのプリンタの決定的な違いは、品質ではなくて印刷のスピードなので、自宅で作ったとしてもそこまで酷い出来栄えにはならないはずです。

それでも、業者を利用すれば多種多様なテンプレートの中から作成する名刺を選べますし、何よりも自分で作るという手間を省けるので、このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

数ある業者の中でも高品質の製品が提供されており、デジタル・フルカラー印刷でのお届けとなっているので、詳細を公式サイトで確かめてみるべきです。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺の作り方は大きく分けて、業者に依頼する方法と自分で作る方法の2種類に分けられると上記で説明致しました。

楽さと品質の高さを重要視するのならば業者に依頼した方が良いですし、コストを重要視するのならば自宅で作成してみるのが良いかもしれません。

プリンタを持っていないという方は、家電量販店での購入費用を考えると、他の使い道がないのならば業者に依頼して作ってもらった方が良いと説明できます。

また、自分で名刺の作成を行う方は、最後のカットが最も重要だということを頭に入れておいた方が良いでしょう。

普通のカッターやハサミを使ってカットしても、凸凹が目立って綺麗な名刺とは言えない状態となってしまうので、専用の裁断機を購入する必要があります。

このように、自分で綺麗な名刺を作ろうとすると、意外と用意しなければならない道具が多いので、全体的なコストを考えるのであれば業者を利用するべきです。

「名刺の作り方」に関するページ