格安で名刺を作成する方法

名刺の作成に必要な用紙はどこで売ってるの?

「名刺の作成に必要な用紙はどこで売ってるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

名刺を作成するに当たり、記載する内容やイラストを重要視している方が多く、意外と用紙の選択が疎かになりがちです。

綺麗な名刺を作成したいのであれば、どのような用紙で作成すれば良いのか考える必要があり、用紙の種類によって出来栄えが大きく変わるというケースも十分にあり得ます。

もし、自宅でパソコンを使用して名刺を作成するのであれば、家電量販店やお近くの文房具屋さん、ホームセンターといった場所で専用の用紙を購入しましょう。

しかし、お近くの小さな文房具屋さんでは、販売されている用紙の種類が少なく、好きなタイプから選べない可能性があるので、できる限り大型の家電量販店へと足を運ぶべきです。

名刺の作成に必要な用紙の選び方について

名刺の作成に必要な用紙の選び方は特に決まっておらず、自分が良いと思った材質を選択するのが適しております。

大型の量販店であれば様々な種類の用紙が販売されており、ネット通販であればエーワン(a-one)やエルコム(elecom)の製品が人気です。

用紙に特に拘りがなかったとしても、名刺の印象を決める重要な部分なので、「ツヤがある」「光沢がある」「耐久性が良い」というように、紙質を把握しなければなりません。

とは言え、名刺の作成のベテランでなければ、用紙の特徴を見てどのような仕上がりになるのか想像することはできないはずなので、自宅で作成するのであれば実際に購入して印刷してみるべきです。

お手持ちのプリンタと相性が悪かったり、質感が予想と異なっていたりというケースは多いため、候補を幾つか決めてから全て購入するのが無難だと説明できます(コストは掛かりますが・・・)。

「用紙の選び方が分からない」「自宅で綺麗に名刺を印刷できない」というのならば、業者に依頼して名刺を作ってもらうのが一番なのではないでしょうか。

多くの業者では様々な用紙が取り入れられており、自分でお好みの用紙を設定できますし、専用の機械を使って印刷を行うため、圧倒的に仕上がりが綺麗なのです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、高品質な名刺を手に入れることができますし、990円という安い料金で100枚まで作ってもらえるので、是非利用してみてください。

名刺の作成に使用する用紙の種類について

この項目では、名刺の作成に使用する用紙の種類について、詳しく説明していきたいと思います。

業者によっては取り入れられていない種類もありますが、どのような用紙で印刷できるのか、どのような特徴があるのか確認してみましょう。

 

マシュマロホワイト・・・用紙のキメが細かくスタンダードな名刺の作成に最適

マットアート・・・表面はアート紙となっており柔らかさが特徴

マットアートPP・・・上記の用紙にラミネート加工を施して高級感を出している

UVグロスコーティング・・・厚みがあって色ムラをなくすためにUVコーティングを施している

ジェントルフェイス・・・マットで高級感がありクリームがかった色彩が特徴

エスプリコートSS・・・アート紙よりも光沢があるものの、他の用紙よりも反りやすい

シルバーダイヤ・・・薄めの用紙で鮮やかな色彩の再現ができる

アイベストW・・・ピュアな白さと光沢が大きな特徴

ヌーボー・・・紙本来が持ち合わせている感触が特徴のマット紙で色の再現性が非常に高い

グレース・・・表面の光沢は少ないものの、強度があって自然なアイボリーが特徴

リネン・・・チェックの凸凹が特徴でオシャレな名刺の作成に最適

スコットランド・・・Feltエンボス処理による上品な質感を再現

ビレッジ・・・柔らな表面に加え自然の波模様がオシャレ

アラベール・・・優しい手触りで印刷の仕上がりが非常に良い

パーフェクトW・・・用紙の繊維質が出ておらず発色度が高い

ジェントルクロス・・・布風の表面が高級感を出している

クラークケント・・・用紙の特性上、インクが剥がれるケースがある

ホワイトエクセルケント・・・仕上がりがクリアでキメ細かな質感が特徴

YUPO・・・耐久性が非常に強く、水に濡れても破れにくい

スタードリーム・・・角度によって色やデザインが変わる

スターメタリック・・・メタリックな光がオリジナル性を強調

ポップセット・・・ラメを散りばめ、印刷との相性が良い

「名刺の作成の手順」に関するページ