格安で名刺を作成する方法

名刺を作成するツールについて

名刺を自宅で作成したいのであれば、ワードやエクセル、イラストレーターといったツールを活用するのが手っ取り早い方法となっております。

これらのツールを利用するパソコンとプリンタ、そして名刺を作成するための用紙を手に入れることで、オリジナルの名刺が出来上がるというわけです。

「プログラミングの技術がなければ作れないのでは?」「難しい方法なのではないか?」と考えている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、ワードやエクセルといったツールを使用する方法は非常に簡単ですし、何よりも用紙代やインク代以外は無料で作成できるところがメリットだと言えます。

しかも、自分が欲しい枚数の名刺だけを作成することもでき、「小部数の名刺だけ欲しい」という方であれば、業者を利用するよりも自分で作った方が良いのです。

イラストレーターといったツールを利用すれば、名前や住所といった文字だけではなく、画像や顔写真を追加して自分通りのイメージの名刺を作成することもでき、利用した方が良いツールだと説明できます。

一度作成してしまえば、用紙があれば何度でもプリントできますし、修正するのもかなり簡単なので、試してみる価値は大いにあるのではないでしょうか。

しかし、自作の名刺はどうしても見た目が悪く、業者と比べると色鮮やかさや華やかさでは劣るので、特徴のある名刺が欲しいという方にはVistaprint(ビスタプリント)が適しております。

Vistaprint(ビスタプリント)では複数のテンプレートが用意されており、その中から選んで自分だけの名刺を作成できるので、まずは公式サイトにアクセスしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記でも軽く説明致しましたが、自分で何かしらのツールを使用して名刺を作成する場合は、業者に発注するような美しいデザインにするのは難しいという特徴があります。

初心者の方でも作成することはできるものの、どちらかと言うとシンプルな名刺が出来上がるケースが多いですし、凝ったデザインを作るにはかなりの時間がかかるのです。

その点、Vistaprint(ビスタプリント)であれば最初にテンプレートを選び、入力したい内容を記載することで、簡単にオリジナルの名刺を手に入れることができます。

「自分で名刺を作っている時間がない」「自作は面倒」「大量に名刺が欲しい」という方は、費用対効果を考えて業者を利用するようにしましょう。

「たかが名刺」と考えている方はいらっしゃるものの、ビジネスマンにとっては欠かせない存在ですし、自分の情報を表している重要な紙面だということを頭に入れておくべきです。

「名刺の作成の手順」に関するページ