格安で名刺を作成する方法

プリンタで名刺を作成しよう

名刺を自宅のパソコンを使って作成する場合、ワードやエクセルで文字やイラストを決めて終わりというわけではなく、プリンタを使って印刷をしなければなりません。

パソコンの画面上でいくら綺麗な名刺が表示されていても、プリンタで印刷をしなければならないということはお分かり頂けるはずです。

まずは、名刺を実際に作成していく前に、自分の家にあるプリンタがどのような用紙のサイズに対応しているのか確認する必要があり、「A4の寸法で作るのか」「名刺サイズの4号で作るのか」決める必要があります。

近年になって採用されていることが多いのはインクジェットプリンタで、A3サイズまで印刷できる機種も多いため、名刺サイズであれば印刷できないということはないはずです。

しかし、ビジネスで大量の名刺が必要となる場合、1枚1枚プリンタで印刷していたのでは時間がかかるため、A4やA3サイズといった大きな紙に印刷し、カットしていくという方法を用いるのではないでしょうか。

その際に、用紙を量販店で購入したは良いものの、お手持ちのインクジェットプリンタでは印刷できないことがあるので、あらかじめチェックしておかなければならないと説明できます。

これから大型電気量販店でプリンタを購入するという方も同様に、製品の種類や価格だけではなく、「自分はどのような目的で買うのか」ということを見失わないように、印刷可能な用紙の大きさを確認するべきです。

インクジェットプリンタではなく、レーザープリンタを持っている方もおり、印刷できる用紙のサイズが異なる場合があるので、名刺を作成する前にチェックしておかなければなりません。

全てのプリンタに関してはこのページではご説明し切れないものの、「Canonのmini360」「EpsonのColorio」といったプリンタは名刺用紙に直接印刷できるのですが、「CanonのDS810」や「CanonのDS700」、「EpsonのCC-500L」は印刷できないので注意が必要です。

また、A4サイズの用紙に印刷を行い、名刺を作成する場合は仕上げのカットが大事で、綺麗かどうかは最後のカットで決まると言っても過言ではないでしょう。

どんなにイラストが独創的だったとしても、ハサミで切って凸凹があるような状態では台無しなので、デザイン事務所で使われているような電動名刺カッターを使用するのが適しております。

もし、プリンタや電動名刺カッターを購入するのが勿体無いと感じているのであれば、自宅で名刺を作成するのではなく、Vistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

100枚の名刺で990円と想像している以上に安いはずですし、美しい仕上がりの名刺が出来上がるので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

「名刺の作成の手順」に関するページ