格安で名刺を作成する方法

パソコンで名刺を作成しよう

他のページでも説明致しましたが、パソコンさえ持っていれば自宅で名刺を作成することができ、オリジナル性を出すことも可能となっております。

少しでも綺麗な出来栄えにしたいのであれば、名刺作成業者に依頼した方が良いかもしれませんが、コストを抑えるという意味では自宅で作った方が良いというわけです。

自宅で名刺を作成する場合、必要となるのはパソコン・プリンタ・名刺用紙の2種類となっており、ワードやエクセルといったソフトを利用して文字を入力し、イラストなどを加えて印刷するという流れになっております。

テンプレートをダウンロードし、名刺を作成する方法もあるものの、オリジナル性を出したいのであればワードのページに名刺用紙のフォームの表を表示させ、文字などを入力していけば良いのです。

また、用紙の種類も非常に大切な要素の一つで、ページプリンタを持っている方はページプリンタ用の用紙を、インクジェットプリンタをお持ちの方はインクジェットプリンタ用の用紙を購入しなければなりません。

パソコンを使って名刺を作成する際は用紙の質が大事で、ビジネスで使用する場合もプライベートで使用する場合も、自分の情報を示すツールだということを心得ておかなければならないのです。

さて、他のページでワードやエクセルといったパソコンの中に入っているソフトを使用し、名刺を作成する方法についてご紹介したので、このページでは富士通のソフトの「筆ぐるめ」を利用した方法について記載します。

年賀状を作れるということで有名な「筆ぐるめ」ですが、名刺の作成にも適したソフトなので、是非パソコンを使って試してみてください。

 

@「筆ぐるめ」を起動して「全てのプログラム」をクリックしてから、「年賀状以外を作る」を選択する

A「その他」の項目の中にある「名刺」をクリックし、作成の手順を一応確認しておく

B「レイアウト」ボタンを押して、リストの中から気に入ったものを選択する

C背景の使用を選択したり、イラストの使用の有無を決める

D画像を決めた後に「文章差し込み」をクリックし、名前や住所といった必要事項を入力する

E「確認メッセージ」が表示されたら「OK」をクリックし、プレビュー画面でチェックしたら印刷して完了

 

以上のように、パソコンでワードを利用したり筆ぐるめを利用したりして名刺を作成する方法は、そこまで難しいというわけではなく、初心者でも作ることは十分に可能となっております。

しかし、自宅のプリンタの性能が悪かったり、印刷した後の用紙のカットが甘かったりすると、綺麗な名刺とは言えない状態になるはずです。

ビジネスで利用する場合、名刺は言わずもがな重要な存在なので、Vistaprint(ビスタプリント)といった業者を利用した方が良いかもしれません。

Vistaprint(ビスタプリント)を利用すれば、自分でパソコンを使うよりも圧倒的に綺麗な仕上がりになりますし、料金設定も非常に安いのでおすすめです。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作成の手順」に関するページ