格安で名刺を作成する方法

名刺の作成の手順について

「自分だけのオリジナルな名刺を作成したい」という方は多く、パソコンを使って作っている方はいらっしゃいます。

そこで、このページでは、どのような手順で名刺の作成を行えば良いのか詳しく記載しているので、最初の印象をグンと良くするために試してみてください。

ワードで名刺を作成する手順

パソコンの中に入っているワードで名刺を作成する手順は、そこまで難しいというわけではありません。

最初に、量販店などで名刺を印刷するための用紙を購入し、ワードのツールバーに位置しているラベルという項目をクリックします。

そして、オプションで名刺用紙のメーカーを選択し(製品番号が項目にない場合は自分で入力する)、サイズの枠が表示されたら文字やお好きなデザインを組み込んで作成していくだけです。

ワードの画面には幾つもの枠があり、一つの枠で名刺を作成できたら、そのまま別の枠にコピーを行い、印刷してカットすればオリジナルの名刺が出来上がるという手順となっております。

パソコンに詳しくないという方でも名刺を作成できますし、ワードではなくエクセルを活用することもできるものの、意外とシンプルな仕上がりになるかもしれないので、イラストの選び方が重要だと言えるでしょう。

AdobeのIllustratorで名刺を作成する手順

AdobeのIllustratorを利用し、名刺を作成するとワードを使った方法よりも、バリエーションを増やすことができるのです。

まずは、最初の設定画面で名刺のサイズ(基本は91mm×55mm)やカラーモード(基本はCMYK)を選択し、四角形にトリムマークを作成した後に、お好きなフォントや大きさの文字で名前や住所といった名刺に記載する情報を入力していきます。

選ばれるフォントによって名刺のイメージは大きく変わるため、「シンプルなものが良いのか」「インパクトが大きいものが良いのか」というように、あらかじめ決めておくべきです。

そして、名刺の端の方に色ラインを入れる際は、外側のトンボまで塗り足しを行い、お好きなイラストを組み込んで完成という手順になっております。

AdobeのIllustratorで作成した名刺を、更に綺麗に印刷したいのであれば自宅でプリントアウトするのではなく、業者に依頼してデータ入稿を行うべきです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、データ入稿は可能となっており、自宅で作成した名刺を綺麗に印刷してもらえるので、是非試してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作成の手順」に関するページ