格安で名刺を作成する方法

名刺の作成と入稿について

どの業者に名刺の作成を依頼したとしても、既存のテンプレートを使って作っていくことができます。

数多くのテンプレートを用意している業者が多く、色とりどりとなっておりますが、自分で作成したデータを入稿し、名刺に組み込むことも可能です。

基本的に、どの業者でもデータ入稿のサービスは実施されており、デザインソフトの代名詞とも言われているAdobeのIllustrator(イラストレーター)や、Photoshop(フォトショップ)で作成します。

その自分で作成したデータを業者に入稿することで、完全にオリジナルの名刺が手に入るので、利用している方は多いのではないでしょうか。

自宅で印刷するとなると、思うような仕上がりにならないことも多く、イラストや画像が綺麗に表示されないというケースもあります。

その点、名刺の作成を行っている業者を利用すれば、オフセット印刷でもオンデマンド印刷でも、専用の印刷機が使われているため、圧倒的にクリアな名刺が出来上がるというわけです。

デザインデータの入稿方法は業者によって異なるものの、基本的にはインターネットで送るだけなので、迷ってしまう心配はありません。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、完全データの入稿により、オリジナルの名刺を作成していくことができます。

上記でご説明したイラストレーターやフォトショップだけではなく、「Bitmap形式」「PNG形式」「GIF形式 」「JPEG形式」「TIFF形式」など、様々なファイル形式がサポートされているのです。

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトにアクセスし、データを入稿する画面でアップロードするだけなので、是非試してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、データを入稿して名刺の作成を行うという場合は、業者によって幾つかの注意点が記載されているのです。

名刺の印刷や作成を承っている「プリスタ。」では、Illustratorでデータを作成する際に、塗り足しを行うように指示しております。

もし、塗り足しや余白が設定されていないという場合、名刺に印刷した際に白地が端の方に表示されてしまうことがあるので、上下左右四辺に3mmずつの塗り足しを事前に設定しておかなければなりません。

また、Illustratorでは、レイヤーとオブジェクトのそれぞれに「隠す機能」がついており、入稿する際は全てを表示させてから送らなければならないのです。

他にも、「ロック機能」も設定されている場合があり、パソコンの画面であらかじめそのロックを解除してから入稿するようにしてください。

「その他」に関するページ