格安で名刺を作成する方法

名刺の作成と肩書きについて

名刺を作成するに当たり、名前や住所、電話番号といった必要最低限の情報の他に、肩書きを記載するはずです。

会社員の方であれば、会社の中で「部長」「課長」という役職が決まっているはずなので、相手にどのような立場の人間なのか知らせるために、肩書きを付け加えます。

名刺では自分がどのような組織に所属し、どのような仕事を行っているのか的確に記載しなければならないので、肩書きはあった方が良いと言えるでしょう。

しかし、肩書きを名刺に記載しなければならないという決まりはありませんし、どのような名刺を作成するのも個人の自由なので、あまり神経質になる必要性はないと説明できます。

社長や代表取締役といった人でも、社長と表記されていない名刺を使っている方はいらっしゃいますし、デザイン事務所の社長さんで、肩書きを「社長」ではなく「デザイナー」と表記しているケースもあるのです。

それに、フリーランスや個人事業主の方で、事業を始めたばかりというのであれば肩書きは特にないので、無理に記載する必要はありません。

名刺に肩書きが記載されていないから信用されないということはありませんし、あなたが何者でどのようなことができるのか一目で分かるような名刺を作成すれば良いのです。

もちろん、名刺の中に記載する内容だけではなく、インパクトのあるデザインで相手を引きつける努力をすることも大事なので、豊富なテンプレートから作成できるVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

ビジネスの始まりと言っても過言ではない名刺100枚を、990円という激安の料金で購入できるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、肩書きや役職名がないという方は、無理に名刺に記載する必要はないですし、自分の仕事や特技を載せるだけでも十分だと説明できます。

肩書きは、役職名というよりも何ができるのかを表すものなので、個人の能力について名刺に記載しても問題はないというわけです。

会社に所属している平社員の方であれば、部署を名刺に記載すれば良いのですが、フリーランスの方は書くことがないかもしれないので、公的資格などを記載するのが良いかもしれません。

ただし、ビジネスと関係のなさそうな資格を名刺に連ねていても意味がありませんし、文字の量が多いほど良いというわけではないので、最初に情報を整理する必要があります。

文字量や目的などで名刺に記載する情報をきちんと取捨選択しなければなりませんし、様々な業務を行っている人間であれば、クライアントに合わせて複数の名刺を用意するのも一つの選択肢です。

「その他」に関するページ