格安で名刺を作成する方法

名刺の廃棄方法について

人から貰った名刺が山のようになり、どのように廃棄すれば良いのか迷っているビジネスマンはいらっしゃいます。

通常の紙とは異なり、名刺の中には会社の住所や電話番号、個人名などが記載されているため、文章が漏洩しないように処分しなければなりません。

アポイントで名刺交換をして契約に繋がらなかったり、相当な時間が経過している名刺ならば廃棄の方法に神経質になる必要はないはずです。

しかし、個人情報が流出する危険性があるため、要らなくなった名刺はゴミ箱にそのまま捨てるのではなく、シュレッダーや廃棄ボックスを利用する必要があります。

小さなハサミを用意して細かくカットする方法もありますが、あまりにも名刺の枚数が多いと大変なのでシュレッダーの使用が最も簡単です。

会社ならばシュレッダーの一つや二つはあるはずですし、その作業が面倒ならば廃棄ボックスに入れましょう。

ただゴミ箱に捨てただけでは第三者に名刺の中に記載された情報が行き渡るリスクがあり、個人情報漏洩を未然に防ぐためにも名刺の処分は慎重に行うべきです。

名刺の原本をコピーした場合も、同じようにシュレッダーにかけたり廃棄ボックスを利用したりしなければならず、コピーでも名刺の中の情報と同じなので注意が必要となります。

「別に自分の情報じゃないから誰かに知れ渡っても損はない」と考える人はいらっしゃるかもしれません。

しかし、逆の立場に立って考えてみた時に、自分が渡した名刺の情報が見ず知らずの人に知れ渡るのは不快ですし、「処分するならきちんと廃棄して欲しい」と考えるはずです。

そこまで手間のかかる作業ではないので、ビジネスマンならば名刺の渡し方や受け取り方だけではなく、廃棄方法のマナーも心得ておいてください。

また、「どのタイミングで名刺を処分すれば良いのか分からない」というビジネスマンはいらっしゃいます。

「もしかしたら必要になるかもしれない」と、全ての名刺を保管しておくのは選択肢の一つです。

とは言え、毎日のように名刺交換をしていると山のように積みあがっていきますし、要らない名刺を持っていることで必要な名刺を探すのに時間がかかって効率が悪いので、1年間に1回程度のペースで断捨離をしましょう。

「今後も長いお付き合いになりそう」「この人は縁がないと感じる」と名刺を分ければ、自然と要らない名刺と必要な名刺を区別できます。

近年では「Sansan」など便利なクラウド名刺管理サービスが登場しているので、ビジネスマンは積極的に活用するべきです。

名刺の廃棄方法ではなく作成方法で悩んでいるのならば、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

 

 

「その他」に関するページ