格安で名刺を作成する方法

フリーランスの名刺について

独立してフリーランスになったという方に必要な道具が名刺で、これは普通の会社に勤めている社会人の方と何ら大差はありません。

新規取引を行う相手と名刺交換をするのは当たり前ですし、重要なツールとなることは間違いないので、フリーランスの方もしっかりと名刺を作成しておいた方が良いのです。

現在では、どの名刺作成業者でも、フリーランスの方に適したデザインの名刺が用意されており、オシャレなテンプレートは幾つも存在します。

そこで、このページでは、フリーランスの方はどのような名刺を作れば良いのか、そして名刺を作成する際の注意点についても記載しているのでチェックしてみてください。

自分の長所やできる仕事について詳しく書こう

これはフリーランスの方に限った話ではありませんが、自分の長所やできる仕事について詳しく書く必要があります。

会社に勤めている方であればまだしも、フリーランスの方は自分から仕事を見つけていかなければならないので、名刺でも積極的にアピールしていかなければならないのです。

名刺は名前や住所、電話番号といったありきたりな情報だけを記載しなければならないという決まりはなく、自由な情報を載せられます。

とは言え、表面に文字をゴチャゴチャと書いていると、名刺交換をした際に相手が読みにくいと感じるかもしれないので、裏面に事業内容や行ってきた実績を記載するのがベストです。

フリーランスとしてどのような能力があるのか事前に相手に名刺で知らせておけば、それが評価に繋がることは間違いありません。

住所を記載する場合はバーチャルオフィスを利用しよう

フリーランスの方で、自分の住所を名刺に載せるのは気が引けるという方はいらっしゃいます。

特に、自宅と事務所を兼用している方は、住所を知られるのが嫌だと考えるはずですし、防犯のためにも気を配るのは当然です。

そのようなフリーランスの方は、バーチャルオフィスを利用したり、民間の私書箱サービスを使ったりしましょう。

名刺に住所が記載されていなければ信用に欠ける可能性がありますし、何も書かないのは印象的に良くないので、これらのサービスを上手く活用するべきです。

自分を表現するキャッチフレーズなどを入れよう

上記でご説明した内容と少々被るかもしれませんが、自分を表現するキャッチフレーズを入れてみましょう。

名刺と第一印象は繋がりますし、モチーフやフレーズを用いれば相手に与えるインパクトは大きくなり、「この人と仕事をしていきたい」と思わせることができるかもしれないのです。

そこで、名刺の裏面にでも良いので、自分の仕事を一言で表現したようなキャッチフレーズを考えてみてください。

 

 

「その他」に関するページ