格安で名刺を作成する方法

大学生が名刺の作成をする意味はあるの?

「大学生が名刺の作成をする意味はあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

「名刺は社会人になってから作成するもの」という考えは多いのですが、現在では就職活動をしている大学生の中で、名刺を持っている方は意外と多いのです。

インターネットでは、「大学生に名刺はいらない」「就活生が名刺を持っていても無駄」という意見が飛び交っているものの、大切なのは名刺の有無ではなく、この氷河期時代に就職活動が上手くいくかどうかなのではないでしょうか。

社会人だとしても、フリーランスでIT系の事業を行っている方は名刺を持っていないケースも多く、「Facebookでリンクをしておけば良い」という考えの方はいらっしゃいます。

しかし、就職活動を行っている大学生は特に、自分を売り込まなければならないので、悠長なことは言っていられないのです。

ビジネスシーンにおいて名刺交換の文化は、現代の日本でも根強く残っておりますし、大学生に名刺交換をお願いされて断るような社会人は絶対におりません。

名刺交換を行えばこちらから連絡をして良いということになるので、いきなりOB訪問をお願いするのは気が引けるという方は、最初に名刺を渡して自分の印象を残しておけば良いのです。

選考の仕事に関わっていない社会人の方が、就職活動中の大学生のOB訪問を受けるメリットは全くありませんし、ただメールを送るだけでは反応がないかもしれないので、熱意を見せるために名刺を作成しておくのは選択肢の一つだと説明できます。

就活を真剣に行いたいのであれば、大学生の方でも名刺を作成するべきなので、このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

色々と忙しい就職活動中の大学生の方が、手間のかかる名刺の作成を自宅で行うのはあまりおすすめできないので、100枚で990円という安い料金で依頼できるVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、これは大学生に限った話ではありませんが、せっかく名刺を作成するのであれば、適当に済ませてしまうのではなく、徹底的に納得できる名刺を作るべきです。

プライベートで使用する名刺であればまだしも、就職活動という自分の将来を決める大事なことで使うわけですから、気に入った名刺を作らなければ意味がありません。

デザインやテンプレートを決めるのはもちろんのこと、どのような内容を記載すれば良いのか事前に考えておく必要があります。

基本的に、自分の名前や読み方、大学名と学部名が記載されていれば十分ですし、連絡先がなければ意味がないので、頻繁に使用するパソコンのメールアドレスや、場合によっては電話番号も載せておくべきです。

稀に、全ての連絡先を伝えなければということで、住所まで名刺に載せている大学生の方がいらっしゃいますが、就職活動で特に必要とは言えないですし、女性は防犯のためにも伏せておいた方が良いでしょう。

他にも、何かビジネスや就職活動に関する内容の話をFacebookやtwitterで書いているのであれば、そのアカウントを名刺に載せるのは一つの手段だと言えます。

更に、名刺交換をした際に会話が広がるように、自分のアピールポイントなどを名刺に記載するのも良いですし、確信を持って使える名刺を作成できればそれで良いのです。

仮に、名刺交換をする頻度が少なかったとしても、100%意味がないとは言い切れないので、大学生の方もVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

「その他」に関するページ