格安で名刺を作成する方法

名刺と著作権について

名刺を自宅で作成する場合も、業者に依頼して完全データを入稿する場合も、著作権問題には十分に注意しなければなりません。

そもそも、著作権を保護する内容の著作物は、思想や感情を創作的に表現したものであり、音楽や美術、学術や文芸に属するものと定められております。

そのため、文字だけを連ねた名刺であれば著作権問題に発展することはありませんが、イラストを名刺の中に組み込む場合は、著作権を侵害していないかどうか、確認しなければならないのです。

「名刺のアイキャッチとして好きなキャラクターを入れたい」という考えの方はいらっしゃいますし、私的利用であれば問題はないだろうと多くの方は考えます。

しかし、既存のキャラクターを使うのは著作権の侵害となるので違法行為ですし、キャラクター自体には著作権がなくても、原作や原画にはあるのです。

数ある業者の中でも、ディズニー社は著作権に対して非常に厳しく、私的な使用だとしてもライセンス契約を交わさなければ無断掲載することはできません。

つまり、このようなイラストを名刺の中に入れ、個人や企業をPRするために名刺を配った場合は、それだけで私的利用の範囲を超えるため、著作権の侵害となるのです。

また、アニメのキャラクターといったあからさまなものだけではなく、インターネットで掲載されている写真やイラストにも著作権があります。

ブログにしてもホームページにしても、ネットで使われているイラストを無断で使用するだけで著作権の侵害になるので、フリー素材を使うようにしましょう。

もちろん、フリー素材でも提供している製作者によっては、「商用利用OK」「私的利用OK」など条件が異なるので、勝手に名刺に掲載するのではなく、注意事項を最初に読んでおいた方が安全なのです。

自宅で名刺を作成するだけではなく、業者に著作権の侵害に当たるイラストなどを入稿した場合、印刷を断られるケースがあります。

基本的にどの業者でも、「著作権が関係するデータは使用できません。」という記載が、「よくあるご質問」といったページでされているはずです。

もし、自分が使用しようとしている画像が著作権の侵害になるのかどうか不安な方は、業者が取り入れているテンプレートのデザインを使って名刺を作成方法をおすすめします。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)であれば、何種類ものテンプレートが用意されておりますし、自分が求める名刺が出来上がるはずなので、是非試してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

 

 

「その他」に関するページ