格安で名刺を作成する方法

名刺の文化について

名刺の文化は遥か昔江戸時代から使われ始めており、現在ではビジネスマンであれば絶対に持っていなければならない必須のアイテムとなっております。

初対面のビジネスマンであれば、お互いが何者なのか知らせるために、名前や会社名、役職や連絡先などが書かれた名刺を渡し、将来の親交を考えて「今後ともよろしくお付き合いください」という意味合いで交換するのです。

名刺は個人の身分証明書のようなものだと考えられており、日本では名刺をくれた人に敬意を払うような文化となっております。

この名刺の文化は日本独特のものではなく、欧米諸国でも社会人であれば名刺交換を行っておりますし、原則的にどの企業に就職しても会社が名刺をオーダーしてくれますし、自営業の方でも自分で名刺を作るでしょう。

英語では名刺のことを「business card」と表記し、フランス語では「carte de visite」と表記するので、日本独特の文化ではないということがお分かり頂けるはずです。

しかし、日本と海外とでは、名刺に対する考え方が少々異なっているので、外国人と名刺交換をする機会があるという方は十分に注意しなければなりません。

日本の場合は、まず最初に名刺を渡し、お互いが何者なのか確かめる文化がありますが、海外では握手や挨拶が行われ、軽く会話を交わした後に名刺交換を行うのです。

日本人の文化を知っているような外国人であれば、気を使って最初に名刺を差し出してくれるケースもあるものの、基本的には真っ先に名刺を差し出すのは海外では失礼に値します。

実は、最初の握手は非常に重要で、ただ相手の手に触れるだけではなく、ガッチリと握るようにしましょう。

ただ触れるだけの握手では、相手は「仕事に対してやる気がない」「自分に興味がない」と感じてしまいますし、敵意がないことを示すためにアイコンタクトも送らなければならないのです。

日本ではこのような文化はあまり見られませんが、欧米諸国では基本となっているので、外国人との商談の際は、ビジネスマンであれば事前に把握しておくべきだと説明できます。

また、日本の文化では名刺は相手の顔そのものであり、尊重しなければならないという考え方ですが、海外ではそのような文化はなく、目の前でメモをしたりと乱暴に扱われる場合があるのです。

日本人同士の名刺交換であればビックリして、「この人には常識がない」と思うものの、外国人は悪気があってやっているわけではないので、そのような行為を見ても平然と過ごすようにしてください。

 

 

「その他」に関するページ