格安で名刺を作成する方法

和紙の名刺を作成しよう

意外とお客様からの要望が多いのが和紙の名刺で、業者によっては和紙を採用しているため、作成することができます。

一般的なサラリーマンの方は使用する機会が少ないものの、日本独特の和紙を使った名刺はオリジナル性が高く、着物を販売している方などが作成して用いているのです。

水に弱いというデメリットがありますが、古風な感じの名刺が出来上がるということで、相手に与えるイメージはそれなりに良いのではないでしょうか。

和紙の名刺を作成している業者の一つがWAFUDA(和札)で、和紙名刺だけではなく家紋名刺やサンクスカードなど、和柄のデザインを中心に取り扱っております。

日本でも有数の和紙の産地である福井県の越前和紙がWAFUDA(和札)では採用されており、美しいデザインが大きな特徴です。

海外でご活躍されている方は、日本の伝統を伝えるために和紙の名刺を作成することが多く、お値段は普通の紙素材と比べると高いものの、オリジナル性を重視できるというメリットがあります。

また、しっとりとした肌合いで文字を書きやすく、耐久性が意外と優れている鳥の子紙と、光をかざすことによって和紙の繊維が綺麗に浮かび上がる大礼紙の2種類から選択できるのも特徴の一つかもしれません。

他にも、越前和紙の専門店である「和紙屋さん」でも、高級感の漂う和紙を使った名刺を作成することができ、人気の業者の一つとなっております。

ビジネスにも活用できる「機械漉き名刺」やグローバルな企業に役立つ「英字和紙」、和風の柄が入った「模様入り和紙」など、幾つものテンプレートの中から選択できるのです。

「名刺がどのような仕上がりになるのか知りたい」という方のために、4種類の和紙が2枚セットになったサンプルを300円で利用できるところも「和紙屋さん」の特徴だと言えるでしょう。

以上のような業者で、日本の伝統を表している和紙の名刺を作成できるので、自分の業種にピッタリだという方は利用してみるべきです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、残念ながら和紙を使った名刺は取り扱っておりません。

基本的に、紙質タイプの名刺がメインとなっており、和紙を使った名刺が欲しい方は、このページでご紹介した業者を利用するのが適しております。

しかし、Vistaprint(ビスタプリント)は他のサービスと比べて取り扱っているテンプレートの種類が多く、尚且つ100枚で990円という格安の価格が特徴なので、ビジネスを円滑に進めるためにも自分に合った名刺を作成してみてください。

「名刺の作成の種類」に関するページ