格安で名刺を作成する方法

ユニークな名刺を作成しよう

「長方形の普通の名刺には飽きてしまった」「もっと個性的な名刺を作成したい」という方はいらっしゃいます。

そのような方は、業者でユニークな名刺を作成してもらうことができ、実際に海外では意外と流行っているのです。

名刺は長方形でサイズが定められているというわけではありませんし、枠内に捉われず個性を出すことは大事なので、ユニークな名刺を作成してもらうのは一つの選択肢だと言えます。

しかし、実際にユニークな名刺を業者に作ってもらったとしても、ビジネスの場で使えるかどうか分からないので十分に注意しなければなりません。

海外ではユニークでインパクトのある名刺が流行っておりますが、お堅い日本人の間ではそこまで普及しておらず、通常の長方形の名刺を持っているというサラリーマンがほとんどです。

少しサイズが異なる程度であればまだしも、世界で取り入れられているような「3Dプリンタを使った名刺」「肌に名刺代わりのタトゥーを入れる」「パラパラ漫画仕様の名刺」「形状が変形した名刺」を使っている日本人は皆無だと説明できます。

いくらユニークな名刺が人の目を引くとは言っても、「常識がないのではないか?」「この人は頭がおかしいのではないか?」と思われるケースも十分にあるので、業種を選ばなければならないというわけです。

お堅い公務員の人が面白おかしい名刺を持っていたら違和感だらけですし、名刺を渡された相手もどのような反応をして良いのか分からなくなるので、多少のデザインは凝っていたとしても、形は長方形の方が良いでしょう。

また、ユニークな名刺が日本ではあまり普及していない原因として、コストが見合わないことや、印刷会社が作成してくれないという理由も挙げられます。

特殊な形状の名刺を作成する場合、それなりの技術が必要ですし、現在多くの業者で取り入れられているオンデマンド印刷機では、小部数の出力が難しいのです。

そのため、業者でユニークな名刺の作成を依頼してくれたとしても、コストがかかり過ぎて結果的に諦めるという方が多く、住所などに変更があった場合は新たに購入しなければならないため、無難な名刺を持っている人しかいないのかもしれません。

もちろん、時代が変われば名刺に対する考え方も変わるはずですし、日本でも世界各国の真似をしてユニークな名刺が流行る可能性はあります。

それまでは、デザインをどうにか変えて名刺に個性を出すしかないので、このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)を利用するべきです。

Vistaprint(ビスタプリント)ではたくさんの種類のテンプレートが取り揃えてあり、尚且つ100枚の名刺で990円という格安の価格で作成してくれるので、一度利用してみてください。

「名刺の作成の種類」に関するページ