格安で名刺を作成する方法

両面の名刺を作成しよう

一般的な名刺の場合、表面に名前や住所といった重要な事柄が記載されており、裏面には何も書かれていないタイプとなっております。

しかし、最近では意外と両面の名刺も流行っており、業者によっては追加で料金を支払うことで作成できることがあるのです。

「名刺の両面を使うほど記載する内容がない」という方はいらっしゃいますが、あなたが現に会社で行っている活動や、社会に役立つ運動を行っている場合は、そのようなことも記載して良いかもしれません。

名刺に書かなければならない内容は特に決まっておりませんし、基本的に個人の自由なので、何か相手に伝えたいことがある場合、両面の名刺を作成すれば良いというわけです。

「名刺データ入稿センター」では、両面の名刺の作成を行っており、表面も裏面もフルカラーで印刷されるというメリットがあります。

元々決まっているテンプレートではなく、ワードやエクセル、Adobe Illustratorを使ってデータの入稿を行い、オリジナルの名刺を作成することもできるのです。

両面の名刺の場合、通常よりも料金が高く「名刺データ入稿センター」では、100枚で2,280円、200枚で4,330円と設定されております。

それでも、両面の名刺であれば独創性を出すことができるので、人とは違った名刺を作成したいという方は利用してみるべきです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトでは、両面印刷が可能という旨は記載されていないものの、専用の機械を使って印刷を行っているはずなので、できないことはないでしょう。

通常価格よりも高くなったとしても、Vistaprint(ビスタプリント)は元々の料金設定が安いので、是非利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)では、プレミアム名刺の作成を承っており、100枚で990円という格安の価格が大きな特徴となっております。

Vistaprint(ビスタプリント)では、2011年に新たに両面光沢仕上げ名刺の発売を行い、用紙オプションとして加わりました。

従来のホワイトマットやオフホワイトマットではなく、両面光沢仕上げを行うことによって、ステッカーのラミネート加工のように表面に光沢や明るさを出すことができるのです。

少なからず名刺の耐久性も上がるでしょうし、用紙には十分な厚みがあり、通常の紙質よりも高級感を出すことができるので、Vistaprint(ビスタプリント)を利用する際は両面光沢仕上げ加工を選択してみてください。

「名刺の作成の種類」に関するページ