格安で名刺を作成する方法

プラスチックの名刺を作成しよう

ビジネスマンにとって名刺はとても大事な存在なので、ライバルと差を付けるという意味でも、プラスチック製の名刺を作成するのは一つの手段です。

一般的に、名刺の素材は紙となっており、コート紙や上質紙、ミラーケント紙など様々な種類があります。

家電量販店では自分の好みに合わせた素材が販売されているので、用紙を最初に購入してパソコンを使って名刺を作成していくはずですし、業者に依頼する場合も複数の紙質から選択できるところが多いのです。

しかし、名刺の作成は紙でなければならないという決まりはなく、プラスチックの独特な質感を利用するのも一つの選択肢だと言えるでしょう。

紙素材の名刺とは異なり、プラスチック製であればまた違った印象を相手に植え付けることができますし、破れたりシワになったりすることがなく、水濡れにも強いというメリットがあります。

一口にプラスチック製の名刺を作成すると言っても、発色が良い「ホワイトPP」や色鮮やかな「クリアPP」、インパクトを与えられる「ゴールドPP」など、業者によっては複数の種類が用意されているのです。

「普通の名刺は作成したくない」「相手に自分のことを覚えてもらいたい」「耐久性のある名刺が欲しい」という方に、プラスチック製は非常に適しております。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、プラスチック製のプレミアム名刺の作成が可能で、人気の名刺の一つです。

紙質とは異なり、1枚当たりのコストが高いというデメリットがありますが、相手に与える印象は大事なので、Vistaprint(ビスタプリント)でプラスチック製の名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、オフセット印刷専門の名刺作成業者の「YMcard」でも、プラスチック製の名刺を選択することができます。

一般的なビジネスマンはプラスチック素材の名刺を使うケースは少ないものの、高所得事業者や専門職従事者からは高い人気を得ているのです。

この業者では、スタイリッシュな印象を与えられる「シルバー」や、品格を高められる「プラチナゴールド」、華やかな表現が可能な「ゴールド」など、何種類ものプラスチック製の素材が取り入れられております。

しかも、環境に優しくてエコに最適なPET(Polyethylen Terephthalate)名刺というところもメリットの一つかもしれません。

ただし、独自性の高い名刺が欲しいからといって、自分の業種と掛け離れないように注意しましょう。

「名刺の作成の種類」に関するページ