格安で名刺を作成する方法

オリジナルの名刺を作成しよう

ビジネスマンであれば必ずと言って良いほど使用するのが名刺で、今時持っていないという方はいらっしゃいません。

名刺交換の際の30秒間で、営業の勝負が決まると言っても過言ではないので、オリジナルの名刺を作成して周りと差をつけるのは一つの選択肢です。

もちろん、形さえ良ければ中身はどうでも良いというわけではありませんが、自分の個性がしっかりと出ているオリジナルの名刺を作成していれば、アポイントが取れた客先に対して良い印象を与えることができます。

オリジナルの名刺を手に入れるに当たって、自分で作成するにしても業者に依頼するとしても、「自分の名前を覚えてもらう」「親近感を湧かせる」「何かあったら自分を思い出してもらえるようにする」という3点を心得ておきましょう。

オリジナル性があるからといって、カラフルな柄でゴチャゴチャとした印象の名刺が良いというわけではないですし、逆に相手に引かれてしまっては全く意味がないのです。

相手の心に響くような名刺だったり、好印象が持てるような名刺を作成してビジネスで使っていれば、ただ名前や電話番号だけが記載されたシンプルな名刺を渡すよりも、少なからず高い効果を得ることができます。

もう既に実行している方はいらっしゃるかもしれませんが、現在ではスマートフォンでQRコードを読み取れる機能がついているはずなので、自分の連絡先やURLなどをQRコード化して貼り付けるのは選択肢の一つです。

パソコンを使用し、ワードやエクセルを使って名刺を作成しても、オリジナル性を上手く表現できない可能性があるので、このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

様々なテンプレートがこの業者では採用されており、文字のフォントを自由に変えてオリジナル性を出すこともできるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記では相手に好印象を与えたり、自分を覚えてもらったりするために、オリジナル性の高い名刺を作成することは大事だと記載しました。

しかし、デザインだけに焦点を当てすぎて、名刺としての役割を果たしていなければ何も意味がありません。

名刺の一番の目的は、自分の情報を相手に簡潔に伝えることなので、凝ったデザインやフォーマットにするのは良いのですが、名前や住所、電話番号やメールアドレスといった必要な事柄はきちんと記載しなければならないのです。

大切な情報が記載されている上で、顔写真やイラスト、自社で取り扱っている主力商品などのイラストを加えれば、よりオリジナル性が高くなります。

このサイトではご紹介しておりませんが、「ロコプリ」では、お客様の要望を全て聞き入れ、完全にオリジナルの名刺を作成できる「デザイン名刺Cプラン」というものが用意されているので、一度利用してみてください。

「名刺の作成の種類」に関するページ