格安で名刺を作成する方法

モノクロの名刺を作成しよう

シンプルな名刺を作成したいのであれば、モノクロ柄が非常に適しており、一般的なビジネスマンという印象を相手に与えることができます。

モノクロは白黒のことだと考えている方がいらっしゃいますが、monochrome(モノクローム)の略語で、単色で描かれた絵画のことを指しているのです。

つまり、赤でも青でも、それが単色で使われていればモノクロとなりますし、色の種類によって決まるわけではありません。

とは言え、名刺の作成でモノクロと言えば、基本的には白か黒のデザインとなりますし、赤色や青色で統一された名刺は少々不自然なので、使っているビジネスマンの方はあまりいないと説明できます。

モノクロデザインの名刺は独自性がないというデメリットがあるものの、「シンプルなのが一番」という方は意外と多いですし、いくら名刺のデザインを凝っていたとしても、仕事の中身が伴っていなければ何の意味もないのです。

それに、いきなり新入社員が上司も驚くようなオリジナリティの高い名刺を持っていたら、もしかしたら引かれる可能性があるので、最初のうちはシンプルなモノクロの名刺を用意すれば良いのではないでしょうか。

月日を経てだんだんと仕事に慣れ、一人でお客様や取り引き先と接することができるようになったのであれば、自分の印象をより濃くするために名刺の種類を変えれば良いのです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)も、もちろんモノクロの名刺の作成を行っており、幾つかのテンプレートが用意されております。

モノクロでシンプルでありながら、それなりにオシャレなデザインのテンプレートも用意されているので、どのような種類があるのかVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで確かめてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、基本的にどの名刺作成業者でもモノクロのテンプレートは用意されているので、いちいち個別にご紹介する必要はないかもしれません。

しかし、中でも名刺作成の「ファースト」では、モノクロのフォーマットに力を入れており、何種類もの名刺が用意されているのです。

特に、シンプルイズザベストの「スタンダード 明朝」、名前の表示が中心で目立つ「モノクロ 横ライン&ロゴ1」、ドットのイラストを付け加えた「モノクロ ドットグラデーション」、毛筆が特徴の「毛筆横書き」が人気を得ております。

どのような柄なのかホームページを見れば一覧で表示されますし、人気が高い順に閲覧することもできるので、シンプルな名刺を作成したい方は「ファースト」を利用してみましょう。

「名刺の作成の種類」に関するページ