格安で名刺を作成する方法

珍しい名刺を作成しよう

「人とは違った名刺が欲しい」という方は、業者を利用して珍しい名刺を作成してもらうべきです。

自分ではオーソドックスな名刺しか作れなかったとしても、名刺作成業者であれば様々な特殊な紙が用意されているので、珍しいものを作ることも十分にできます。

それが実際にビジネスで役立つのかどうか分からないものの、人とは違った名刺を渡すことにより、自分の印象を相手に植え付けることができるので、そこから話が進展する場合も十分にあり得るのです。

形が全てではありませんが、ハメを外していない程度であれば、珍しい名刺を持っていたとしてもマイナスになることはありません。

とは言え、海外では独創的な名刺を持つ習慣が意外と広まっているものの、日本ではそこまで普及しておらず、一般的な長方形の名刺を使っているという方が多いはずです。

どの業者でも珍しいものを作成できるわけではなく、限られたサービスしか承ってくれませんし、コストがかかるというデメリットがあります。

しかも、職業によっては珍しい名刺を持っていたことで「この人は常識がない」と思われ、マイナスイメージとなってしまうかもしれないので、派手過ぎる柄はできる限り避けた方が良いでしょう。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、特殊な素材はそこまで多く用意されていないのですが、テンプレートの種類は業界屈指だと言えます。

形や大きさは普通の名刺だったとしても、人とは異なるデザインにして印象付けることはできるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、このサイトではご紹介していないのですが、「SuperPrint」は特殊な加工の名刺を作成してくれる数少ない業者となっております。

型押しやカラーエンボス、ミシン目や箔押しなど、特殊な用紙を使って作成できるので、珍しい名刺も作れるというわけです。

データ入稿専用のテンプレートがこの業者では取り入れられており、事前にダウンロードしてデザインを行い、無料サンプルを注文するという流れになっております。

あらかじめ名刺を全て作り上げる前に、サンプルを請求できるのが「SuperPrint」の利点なのではないでしょうか。

また、これはこの業者に限った話ではないものの、データを入稿する際は、「仕上がり線の3ミリから4ミリ以内にロゴや文字を入力する」「カラーはCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)で指定する」「300〜400dpiの解像度で画像や写真を入れる」という点に注意してください。

「名刺の作成の種類」に関するページ