格安で名刺を作成する方法

高級な名刺を作成しよう

高級な名刺を作成しよう

名刺は人と人との交流に欠かせないツールとなっており、社会人であれば尚更名刺を持っているのは常識ですよね。

現在では社会人に限らず、プライベートでも大学生でも自分の名刺を持つ時代となりました。

 

 

・名刺を切らして忘れてしまった・・・

・名刺自体を持ってきていない・・・

・オフィスに置いてきてしまった・・・

 

こんな状態では確実に自分の評価は下がりますし、「ビジネスを舐めているのかな?」と思われることもあります。

自分の情報が記載された大事な存在ということで、業者に依頼して高級な名刺を作成してもらうのは一つの選択肢です。

自宅で用紙を量販店で購入して作成する場合、名刺を作るのに使える用紙は限られておりますし、レアな素材は特別な場所でしか販売されていないので、高級感を出すのは難しいでしょう。

しかし、名刺を作成している業者であれば通常の紙だけではなく、高級な用紙を幾つか取り揃えているはずなので、相手に良い印象を与えることができます。

用紙の種類によってどのような仕上がりになるのか異なるのですが、一般的に特別な紙を使用した名刺印刷は発色が良く、シンプルなデザインだったとしても高級感を出すことができるのです。

はんこについたインキをブランケットに移し、原紙にインキを足すような主流のオフセット印刷方式が採用されている業者であれば、より綺麗な名刺を作成することができるかもしれません。

名刺の種類によって他の人と差をつけられる可能性がありますし、ビジネスにおいて少ないチャンスをものにすることが大事なので、取り引き先に自分を覚えてもらえるようにインパクトのある名刺を作成するべきです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、通常の紙素材で名刺を作成したとしても、表面を色鮮やかにできる両面光沢仕上げが採用されております。

通常の価格にプラスして680円を支払わなければなりませんが、たったこれだけの料金で高級感を出すことができるので、是非試してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)だけではなく、他の業者でも高級感のある用紙が取り入れられているので、お気に入りの素材があったら名刺を作成してもらうべきです。

名刺専門の総合通販である「名刺21」では、スベスベとした用紙が特徴の「マシュマロ」、優れた印刷特性を持った高級マット紙の「ヌーボー」、上品な質感を与えられる「スコットランド」、耐久性が強く水に濡れても破れにくい「YUPO」など、様々な種類があります。

高級な紙になればなるほど、追加で料金を支払わなければならないものの、どの素材でも発色や質感が非常に高いので、オシャレな名刺が欲しいという方に最適なのです。

他にもたくさんの素材を取り扱っている有名な名刺作成業者なので、「名刺21」の公式サイトも同時に見てみてください。

「名刺の作成の種類」に関するページ