格安で名刺を作成する方法

個人用の名刺を作成しよう

名刺はサラリーマンの方だけではなく、個人用としても作っておいた方が良いですし、個人事業主やフリーランスの方も作成しておいて損はありません。

事業によっては取り引き先と会うことがなく、名刺を渡す機会はないかもしれませんが、いざという時に用意しておいた方が良いのです。

お客様と会った時に名刺がなければ、「この人は常識がないのかな」「この人とは取り引きをしない方が良いのかな」と思われてしまいます。

まあ、主婦の方であれば名刺を使用する機会がないものの、個人用の名刺を何枚か用意しておいても損はないですし、パソコンとプリンタを使って自分で作成すれば大きなコストはかからないはずです。

それに、名刺作成業者によっては少ない部数から発注できる場合があるので、依頼したとしてもコストがかかりすぎて負担となることは絶対にないでしょう。

仮に、役職や肩書きが特にない自営業やフリーランスの方でも、自分の名前や住所、電話番号を載せただけの名刺でも作る価値は十分にありますし、もしかしたら事業へのやる気がアップするかもしれません。

名刺の作成に長い期間を要することはないので、丁寧にスピーディーに承ってくれる業者を利用して個人用の名刺を作った方が良いというわけです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、800種類以上のデザインが用意されている個人・家族用名刺の作成が可能となっております。

通常の価格とは異なりますが、25枚で980円、50枚で1,480円、100枚で1,980円と少部数でも可能となっており、鮮やかさを出せるプレミアム光沢紙も用意されているので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、フリーランスとして独立している方でも、新規取引を行う相手に渡す名刺を作成しておいた方が良いので、業者に依頼するか自分で作るかの2つの選択肢があります。

その際に、自宅と事務所を兼用している場合、個人の住所を載せるのが嫌だという方がいらっしゃるはずです。

確かに、オフィスであればまだしも、自宅の住所を載せるのは気が引けるというのは不思議ではありませんし、かといって何も書かないのは変だと考えます。

そのようなフリーランスの方は、民間の私書箱サービスやバーチャルオフィスの利用を考えた方が良いでしょう。

名刺の中に名前だけではなく、住所が記載されていないと信用的に良くないですし、届けられる郵便物の処理にも困るかもしれないので、作成する前にどのような名刺にするのか自分で考えておかなければならないのです。

「名刺の作成の種類」に関するページ