格安で名刺を作成する方法

変形した名刺を作成しよう

一般的な名詞は綺麗な長方形の55×91mmというサイズで、ほとんどのサラリーマンの方がこの名刺を使っているはずです。

しかし、名刺のサイズや形はあらかじめ設定されているわけではなく、長方形に拘る必要性はないということで、変形した名刺を作成する方がいらっしゃいます。

あまりにも変形しすぎた名刺は使いづらいですし、名刺入れの中に仕舞うこともできないため、不便となるかもしれません。

とは言え、変形した名刺は相手に与えるインパクトが大きく、自分のことを覚えてもらうには最適ということで、作成する方は決して少なくないのです。

自宅でそのような特殊な名刺を作成するのは難しいものの、業者に依頼すれば作ってもらえる可能性が高いですし、シンプルなデザインの名刺では物足りないという方に適しております。

特殊な台紙を利用し、三角形や正方形という変形した名刺を作る方がいれば、矢印のような変わった形の名刺も実際に存在しており、使いどころは限られるかもしれませんが、どのような名刺を作っても問題はないのです。

もちろん、自分が行っている業種を考慮しなければなりませんし、お堅い公務員の方が変形したような名刺を作成して渡しても、相手に変な顔をされる場合があるので注意した方が良いでしょう。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、変形した名刺を作成するのは難しいものの、一般的な55×91mmとは別のサイズの名刺は作成できます。

オリジナリティの高いテンプレートもこの業者では用意されているので、自分が求める名刺を作成できるかどうか、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトでチェックしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、あまりにも変形した名刺ではインパクトがありすぎて、引かれてしまうのが怖いという方は、一般的なサイズとは異なる名刺を作成するという手段があります。

上記でも説明致しましたが、基本的に長方形の55×91mmを利用している方が多いものの、名刺の規定で定められているわけではないので、このサイズよりも大きくしても小さくしても問題はありません。

サイズが少し違うだけでも印象は異なりますし、変わった名刺で相手に自分の名前を覚えてもらえば、そこからビジネスへと発展することも十分にあり得るのです。

しかし、業者によって作成できるサイズには違いが生じており、ビジネス名刺の印刷所である「BCARD」では、45〜63mm×45〜93mmの範囲内、名刺だけではなくチラシやDM印刷も行っている「CLICK」では30〜55mm×47〜91mmの範囲内となっております。

名刺の大きさによって価格が異なることもあるので、自分が利用する業者のホームページにアクセスして、どのようなサイズの名刺を作れるのか確認してみましょう。

「名刺の作成の種類」に関するページ