格安で名刺を作成する方法

防水の名刺を作成しよう

防水性の高い名刺を作成したいのであれば紙素材ではなく、透明なポリエステルフィルムや石で構成されているストーンペーパーといった素材を利用するべきです。

自宅で防水性の高い名刺を作成するのは少々困難かもしれませんが、業者を利用すれば特殊な素材が取り入れられている可能性が高くなっております。

普通の紙素材であれば水に弱いので、雨に濡れたら溶けたりフニャフニャになったりしてしまうものの、ポリエステルフィルムやストーンペーパーであれば水に濡れても高品質な状態を維持できるのです。

耐久性も同時に高くなるというメリットがありますし、自分が渡す名刺が少しでも長持ちすれば、捨てられてしまわない限りは相手の手元に残ることになります。

「たったそれだけのメリットなの?」と考える方はいらっしゃいますが、ビジネスにおいて少ないチャンスをものにできる人が勝ち残っていくのではないでしょうか。

自分のスキルもさることながら、名刺の出来栄えも重要な要素の一つとなっているため、防水性の高い名刺を作成するのは一つの手段というわけです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、残念ながらポリエステルフィルムやストーンペーパーといった特殊な名刺の作成はできないものの、それなりに防水性が高くなる加工を施すことができます。

通常の価格に680円という料金を加えるだけで、両面光沢仕上げという加工が施せますし、見た目のイメージが上がるだけではなく、耐久性も増すというメリットがあるので、Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作る際は利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、ありとあらゆる素材の中でも、石を使ってできている溶けない紙のストーンペーパーは、防水性が高いと言えるのではないでしょうか。

実際に水の中に入れても特に変化がありませんし、破けるどころか形状が変わることも全くないので、耐久性に関しては抜群というわけです。

かなりレアな材質ということで、ストーンペーパーを取り扱っている名刺作成業者は少ないかもしれません。

それでも、この素材を取り扱っている業者を見つけたのであれば、オリジナル性の高い名刺を作成するという意味でも、お金をかけて作るメリットは十分にあると説明できます。

また、通常の紙質で名刺を作った後に、上からラミネートコーティングを行えば水を弾いてくれるので、防水性はグンと上がるはずです。

ストーンペーパーほどではないにしても、より頑丈な名刺に様変わりするはずなので、拘った名刺を作りたいという方は是非試してみてください。

「名刺の作成の種類」に関するページ