格安で名刺を作成する方法

サラリーマンの名刺について

名刺はサラリーマンの顔とも呼ばれており、営業先で初対面の人に会った場合は必ずと言って良いほど渡すものなので、ビジネスマンにとって財産のようなものなのです。

サラリーマンの方で名刺を持っていないという方は絶対にいらっしゃいませんし、ただ切らしてしまっているだけでも「常識知らず」と罵られることがあります。

人脈を有効活用するのはサラリーマンとして大事なことですし、その最初の道具の一つが名刺なので、凝ったものを用意するのは一つの選択肢かもしれません。

「相手に自分の名前や社名、連絡先さえ伝われば何でも良い」と考えている方はいらっしゃるものの、自分の顔と同じような存在なのです。

そのため、ただ文字を羅列した名刺を見せられるよりも、会社のロゴや好印象を与えられる顔写真が入っていた方がより効果的ですし、名刺の作り方を今一度考え直してみる必要があります。

自宅でパソコンとプリンタを使用した方法では、思うようなデザインの名刺が出来上がらないかもしれませんが、名刺作成業者を利用すれば、様々なテンプレートから選択できるので想像している仕上がりになるはずです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)は、特に取り入れられているテンプレートの数が多く、特徴的な名刺を作りたいというサラリーマンの方に適しております。

事前にカスタマーサポートに連絡すれば、大量に名刺を作成してもらうこともできるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、サラリーマンの方でどのような名刺を作れば良いのか分からず、適当に自宅でプリントアウトしたものを使っている方がいらっしゃいます。

確かに、名刺の本来の役割は名前や連絡先を相手に伝え、自分がどのような仕事をしているのか知ってもらうことなので、デザインやイラストなどは二の次です。

しかし、ビジネスチャンスを広げるためには、生きた人脈を作らなければならず、会社や収入がなくても残るような人脈作りを行っていれば、将来的に役立つことは間違いないでしょう。

そこで、名刺の作成方法が分からない方は、「人脈塾 サラリーマンも「自分名刺」を持ちなさい」を読んでみるべきです。

人脈を有効活用し、顧客を増え続けている著者のアドバイスが記載されているので、サラリーマンの方は参考になると思います。

「名刺と職業」に関するページ