格安で名刺を作成する方法

公認会計士は名刺を作成した方が良いの?

公認会計士になり、名刺を作成した方が良いのか疑問を抱えている方は少なくありません。

基本的に公認会計士は依頼主とコミュニケーションを取らなければならず、信用や信頼が物を言う職業なので名刺は必須アイテムです。

名刺を持っていないことが原因で、「この人は大丈夫なのかな?」「安心して任せられないのではないか?」といった疑念を抱かれる可能性は十分にあります。

自分から積極的に営業して商品を売るような仕事ではなくても、どのような仕事をしていてどんな会社に所属しているのか証明するツールとして名刺は必須なのです。

どんなデザインの名刺が良い?

人によって感じ方は異なるので一概には説明できないものの、公認会計士には以下のデザインの名刺が適しています。

 

  • ・シンプルでスッキリとしていて清潔感のあるデザイン
  • ・信頼感を獲得できるような顔写真を余白に載せた名刺
  • ・クリアな印象を与えられるブルーや水色が主体のデザイン
  • ・会社のロゴマークが余白部分に入っている名刺

 

「公認会計士の名刺デザインは○○○」と明確に定められているわけではありません。

しかし、どちらかと言うと弁護士や税理士のようにお堅い職業なのにも関わらず、カラフルでゴージャスな名刺を使っていると渡された相手は確実に違和感を抱いてしまいます。

自分の身代わりとなる大事な存在なので、名刺の中に記載する情報に加えて全体的なデザインも慎重に選ぶべきです。

豊富なデザインから選択したい方にはVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

Vistaprint(ビスタプリント)では何と7,000種類以上のデザインテンプレートが用意されており、公認会計士に適したものが見つかるはずなので一度探してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

公認会計士の名刺に英語表記は必要?

公認会計士は日本人だけではなく外国人とやり取りをするケースが多いかもしれません。

そのため、名刺の中に名前や連絡先など英語表記をするのは選択肢の一つです。

あくまでも外国人に渡すのを想定した名刺で、「表面には日本語表記」「裏面には英語表記」など両面で作成するのが良いでしょう。

表面に全ての情報を入れると見にくい名刺となり、相手が受ける印象が悪くなってしまいます。

文字やイラストを配置するに当たって、「自分が貰った時にどんな印象を受けるのか?」といった点を考えてみてください。

「名刺と職業」に関するページ