格安で名刺を作成する方法

公務員の名刺について

公務員の方でも名刺は持っているはずですし、職種によって異なるものの、外回りの人間であれば初対面の人と名刺交換をする機会は少なからずあるはずなので、きちんと名刺を作成しておくべきです。

税務署の税務調査の際は、身分証明書のような質問検査票を掲示し、税理士証票を呈示した後に名刺交換を行うのが一般的となっております。

調査先の経理を担当している人間とも名刺交換を行うので、これは公務員であったとしても、他のサラリーマンと一緒というわけです。

しかし、税務署に書類を提出したり、何かを聞きに行ったりしても、名刺を交換することはないため、営業の方は持っていても内勤の方は名刺を持ち合わせていない場合があります。

名刺の必要性に関しては時代とともに変化しており、以前までは紙をお互いに渡すのが主流だったものの、現在では電子化されつつあり、スマートフォンで名刺交換を行えるようになりました。

現在では分かりませんが、以前は公務員の方に名刺は必要ないと言われており、その名刺代が支給されないため、自費で作らなければなりません。

つまり、公務員は自分で名刺を作成しなければならず、忘れている方であれば持っておりませんし、国民の税金を使っているような場所においては特に必要がないというわけです。

確かに、手続きに来る住民全員に名刺を渡していたらキリがないものの、作成にかかる料金は決して高いというわけではないので、公務員の方もVistaprint(ビスタプリント)を利用して作成してみてはいかがでしょうか。

お堅い公務員の方に適したデザインも、Vistaprint(ビスタプリント)では用意されているので、自分のイメージに合うものがあるのかどうか確かめてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、公務員の方が名刺を持っていないというケースが多いのは、使用する機会が少ないというだけではなく、同じ部署に長くいることができないからだと言われております。

確かに、異動の度に全社員に名刺を支給していたら、かなりの経費がかかるので、自費で作るように促しているのかもしれません。

それでも、日本は名刺社会ですし、持っておいて損をするということは絶対にないので、自費で作成する価値は大いにあるのです。

「銀座名刺」という業者では、全ての都道府県市町村のロゴマークが入った名刺が用意されているため、公務員の方の名刺に非常に適しております。

横デザインや縦デザインなど、個人の好きなテンプレートの中から作成できるので、是非WEB上で登録してみるべきです。

「名刺と職業」に関するページ