格安で名刺を作成する方法

個人事業主の名刺について

事業によっては、取り引き先と会う機会がないという個人事業主の方はいらっしゃいますが、営業ツールとして必要となる場合が多いため、名刺を用意しておいた方が良いです。

いざという時に取り引き先と会う可能性は十分にありますし、その際に名刺がなければ印象が悪くなってしまうため、個人事業主の方も名刺を作成しておくべきだと説明できます。

そこで、個人事業主の方が名刺を作成する際に気をつけることは、取り引き先が信頼感や安心感を抱いてくれるようなデザインや文字の配列にするということです。

個人事業主の場合は大企業と異なりブランドが確立されていないため、法人と比べるとどうしても信用が下がりがちで、「法人ではない」という理由だけで取り引きしてくれない場合もあります。

信頼されなければビジネスの話が前に進むことはありませんし、少なくても信頼感を損なう負の要素を取り払った名刺を作成しなければなりません。

インパクトやイメージ重視で名刺を作ることは大切で、自分の顔を覚えてもらうためには欠かせない要素なのですが、デザイン性だけを考えれば良いというわけではなく、フォントや色使い、名刺のサイズや写真の選定など、細部にまで拘らなければならないのです。

また、今後の関係性を構築できるような情報を取り込むのも一つの選択肢となっており、名前や企業名、メールアドレスや電話番号といった個人情報は一般的だと言えます。

しかし、個人事業主の方にとって、これだけの情報では足りない可能性があるため、自社ブログのURLやSNSのアカウントなど、できる限り相手と交流を深められるような情報も記載した方が良いのです。

基本的に個人事業主の方は実務を独りでこなすケースが多く、普通のサラリーマンと比べて名刺を相手に渡す機会は少ないものの、数少ないチャンスをものにしなければならないので、Vistaprint(ビスタプリント)を利用して名刺を作成しましょう。

実際に、多くの個人事業主の方がVistaprint(ビスタプリント)を利用し、ビジネスで使える名刺を作成しているので、公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

個人事業主の名刺の肩書きについて

サラリーマンの方であれば、名刺に会社名だけではなく、自分の役職をつけることが多くなっております。

どのような立場の人間なのか、初対面の相手に伝える必要がありますし、肩書きがなければ信用を得られないかもしれません。

個人事業主の方も同様に、名刺の中に肩書きを記載した方が良いのですが、「取締役」や「社長」という肩書きは使用できないので注意が必要です。

「代表取締役」というのは、経営と所有が分かれている会社で、その経営を行う人の肩書きを指しており、個人事業主の場合は同時に所有も行っているため相応しくないと説明できます。

「代表取締役」という肩書きを仮に個人事業主の方がつけたとしても、法律に違反するわけではないですし、気付かないという方はいらっしゃるでしょう。

しかし、個人事業主の肩書きについての知識を持っている人であれば、「この人は常識がないのかな?」と思われ、信用を下げる大きな原因となるため、別の肩書きをつけなければならないというわけです。

そこで、個人事業主の方が、名刺に自分の肩書きを記載したい場合は、「○○代表」「○○コンサルタント」という表記にしてください。

「名刺と職業」に関するページ