格安で名刺を作成する方法

医師の名刺について

医師の方で名刺を持ち歩いているという方は意外と少なく、確かに名刺交換をするようなイメージは全くありません。

内科医にしろ外科医にしろ、営業ではなく病院の中で患者さんと向き合っているはずですし、初対面の人と会うといったら新しい患者さんくらいです。

そして、新しい患者さんに病気などの説明を行う際、自分の名前を名乗ることはあっても、名刺を渡すケースはほとんどないということで、名刺を持ち歩いている方が少ないのではないでしょうか。

それに、診療中は周囲に分かるようにネームカードをつけていることが多く、併診で初めて出会う医師がいたとしても、いちいち名刺交換を行うのではなく挨拶で済ます程度です。

このように、名刺入れを持ち歩くような習慣は医師にはないということで、開業医であっても肌身離さずに名刺を持ち歩いている会社員の方とは大きく異なります。

それでも、医師免許を持っている方の中には、○○病院院長という肩書きを持つお偉いさんはいらっしゃいますし、他の病院との会合は少なからずあるはずなので、自分の名刺を作成しておいた方が良いのです。

名刺を持っておいて損をすることはないですし、作成に長い時間と高い費用がかかるというわけではないので、医師の方でも用意するに越したことはありません。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、医療や社会福祉といった職種に就いている方に適したデザインの名刺が取り入れられております。

完全なデータを入稿するのではなく、既存のテンプレートを使って簡単に名刺を作成できるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、医師の方は病院内で仕事を行うだけではなく、打ち合わせやセミナーは少なからずあるはずですし、医療機器企業の研修では初対面の人と顔を合わせる機会があるはずです。

そんな時に、自分を紹介するための道具がなければ不便なので、日々の業務で使用することはなかったとしても、事前に名刺を作成しておいた方が良いと言えます。

仮に、相手から名刺を渡されたとして、自分が名刺を持っていなければ良くない印象を与えてしまうかもしれないので、簡単に作れるデザインの名刺でも良いので、時と場合によって持ち歩く習慣をつけるべきです。

上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)を利用すれば、100枚で990円という格安の料金なので、お財布に負担がかかるということはありません。

医師が名刺を持っていたとしても周りの同僚から煙たがれることはありませんし、万が一のために用意しておくことは大事なのです。

自分のイメージにピッタリの名刺を見つけられるかもしれないので、一度公式ホームページへとアクセスしてみてください。

「名刺と職業」に関するページ