格安で名刺を作成する方法

美容師の名刺について

美容師の方で、「名刺は必要なの?」という疑問を抱える方がいらっしゃいます。

絶対に必要というわけではありませんが、また来店してもらうために、自分が担当したお客様に名刺を渡す美容師さんは多いはずです。

可愛らしいデザインやスタイリッシュなデザインの名刺などをお客様に渡せば、好印象を与えられることは間違いないですし、美容師としての技術が伴っていればまた予約してくれるかもしれません。

美容師さんにとって、固定客をつけるのは大事なことですし、その集客ツールの一つとして名刺は必要となるので、きちんと用意しておいた方が良いというわけです。

会社員の方であれば、白と黒とのコントラストのシンプルな名刺でも良いかもしれませんが、美容師の場合は美を司った職業ということで、できる限り華やかなイメージのある名刺の方が適しております。

自分が働いている店舗のロゴマークを載せたり、良い印象を与えられる顔写真を載せたりと、上手く工夫を施せば魅力的な名刺が出来上がるはずです。

女性の美容師さんであれば、ピンク色の花柄でまとめられた名刺などのイメージが良いですし、初めて来店されるお客様に渡せば圧倒的に印象は良くなります。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、美容関係の職種に就いている方に適したテンプレートの名刺が取り入れられているのでおすすめです。

「美容」「コスメ」「スパ」「マッサージ」関連のデザインの名刺は、何と300種類以上も用意されているので、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、これは美容師さんに限った話ではありませんが、せっかく名刺を作成するのであれば、裏面も有効活用した方が良いでしょう。

どうせならば2倍の情報量をお客様に与えて、自分がどのような美容師なのか伝えることができれば、確実に印象はアップします。

名前や顔、美容室での肩書きだけではどのようなスタイリストなのか分からないので、表面にはありきたりな情報を記載し、裏面に細かく美容師としての自分の意気込みを書けばチャンスは広がるはずです。

とは言え、万人向けのメッセージでは特に心を打たれることはありませんし、誰の胸にも刺さらないので、「この美容師さんにもう一度髪の毛を切ってもらいたい」と思われるようなメッセージを書かなければなりません。

「たかが名刺」と考えている方はいらっしゃるかもしれませんが、名刺が新たなお客様を連れてきてくれることも十分にあり得るのです。

「名刺と職業」に関するページ