格安で名刺を作成する方法

名刺と職業について

名刺を作成する場合、自分の職業に合わせてテンプレートやデザインを考えるのは、一つの選択肢となっております。

例えば、華やかなイメージのあるエステティシャンやネイリストの方が、白と黒のモノクロの名刺を使っていては、女性のお客さんからに地味だと思われてしまうはずです。

綺麗になりたいという女性の憧れの職業なので、ピンク色でまとめてみたりバラといった花柄を使ってみたりと、美容と関係のありそうなイラストなども取り入れた方が良いと説明できます。

逆に、営業を行っているサラリーマンの方がこのような女性っぽい名刺を用意していたら、「この人はふざけているのか?」「この人は仕事を舐めているのか?」と思われるので、職業別で名刺を選ぶのが大事ということがお分かり頂けるでしょう。

とは言え、「自分の職業にはどのようなデザインの名刺が適しているのか分からない」と悩んでいる方はいらっしゃるはずです。

そのような方には、「名刺屋ドットコム」という業者がおすすめとなっており、この業者では職業別にデザインされた名刺の一覧から選ぶことができます。

「レストラン・食堂」「居酒屋・バー」「病院」「アパレル」「カフェ」「不動産」「美容院」「幼稚園」など様々な職業別でデザインが紹介されているので、選択しやすいというわけです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、職業別でのデザインの検索機能がついており、「美容」「芸術・音楽・エンタメ」「医療、社会福祉」「自動車・運輸」というように、人気の業種でカテゴリされております。

トップページの下の方に位置している「名刺の人気業種カテゴリTOP10」という項目を見れば一目瞭然なので、まずはVistaprint(ビスタプリント)のサイトにアクセスしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、職業によって使用しなければならない名刺のデザインが決まっているわけではありませんが、何となくイメージを連想させるようなテンプレートにした方が好感度が上がります。

特徴的な名刺を作れば相手に顔と名前を覚えてもらいやすいものの、職業と合っていなければ会社名や業種などが記載されていても意味がないのです。

また、顔写真で業種をイメージさせるのも選択肢の一つとなっており、コールセンターで働いている人であれば、実際に電話を手にとって笑顔で話しているような写真が適しております。

免許証のような顔写真を載せても、特に印象をアップさせることはできないので、良い印象が残るポージングを考えてみましょう。

「名刺と職業」に関するページ