格安で名刺を作成する方法

名刺の材質について

名刺で使用される材質には幾つかの種類があり、業者によって採用されているものには違いが生じております。

オフセット印刷やオンデマンド印刷といった印刷機が現在の業者では使われており、それぞれ使用できる材質が異なるので、業者で違いが生じているというわけです。

選択する材質によって相手に与える印象が異なるため、用紙の選び方は非常に重要な要素の一つで、慎重に決めた方が良いと言えます。

自分が想像していた仕上がりにならない可能性も十分にあるので、業者に依頼して名刺を作成する場合は、最初にサンプルを作ってもらった方が良いです。

全ての業者がサンプルを作成してくれるわけではありませんが、実際の仕上がりを見てどの程度の枚数を注文するのか決められるところもあるため、この便利なシステムを利用するのが良いのではないでしょうか。

業者で採用されている用紙の材質として一般的なのが上質紙で、最もポピュラーとなっており、筆記特性が良いというメリットがあります。

どのような書体の文字でもインキが滲むということはありませんし、光沢感はあまりないものの、モノクロの名刺を作成したいという方に最適です。

しかも、価格が安いというのが上質紙の大きな特徴で、名刺を使用する頻度が多いビジネスマンの方は、この材質で作成した方が良いかもしれません。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、ホワイトタイプの上質紙が取り入れられております。

公式サイトを見ればスタッフがおすすめしているデザインを閲覧できますし、裏面のテンプレートも豊富なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記でご紹介した上質紙以外の材質としては、コート紙の一種であるアートポストが挙げられ、上質紙の表面にコート剤が塗られた仕様となっております。

滑らかでツヤがあり、上質紙よりも光沢感を得られるということで人気の材質の一つです。

他の材質よりも値段が高いというデメリットがあるものの、色の再現性は素晴らしいですし、名刺の中に会社のロゴマークやイラストを入れたいという方に適しているかもしれません。

また、写真の印刷や本の表紙などに用いられることが多いエスプリコートFPや、しっかりとした色味や硬さが特徴のプラスチック材質も、名刺の作成で使用される機会が多くなっております。

どの材質を使って名刺を作るにしても、料金に莫大な違いがあるということはないですし、名刺は自分の顔となる重要な道具なので、「コレだ」と思う用紙を使って作ってみてください。

「名刺の見本」に関するページ