格安で名刺を作成する方法

名刺と黄金比について

黄金比とは、縦と横の比率が1:1.618の近似値になる四角形のことを指しており、自然界で度々出現するということで、最も美しい形だと言われております。

ミロのビーナスやモナリザといった作品でも意識して使われている黄金比は、名刺の作成にも使用されており、美しいイメージを相手に与えることができるのです。

基本的な名刺のサイズは55mm×91mmとなっており、これを縦横比にすると1:1.654なので、ほぼ黄金比に近いと説明できます。

均一に並んだ向日葵やバラの花は、黄金比の角度で変えて螺旋状に広がっていくという規則性があり、自然の美しさを物語っているのではないでしょうか。

名刺といったデザインにもこの黄金比を取り入れた方が良く、一般的なサイズの55mm×91mmは、正確には黄金比ではないので、自分で作成する際はその数ミリのズレを直してみるべきです。

「数ミリの差では何も変わらない」と考えている方はいらっしゃるかもしれませんが、名刺は自分の顔そのものですし、特徴的なものであれば相手を惹き付けることができます。

名刺が特徴的で相手に自分を覚えられ、そこからビジネスへと発展するというケースも決して少なくないので、正確な黄金比を取り入れた名刺を自分で作成するのは一つの手段なのです。

とは言え、残念ながらこのサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、一般的な4号サイズの名刺の作成が基本で、数ミリのズレを直すことはできません。

自宅にプリンタがなければ名刺を印刷することはできないですし、何よりも価格が安いというメリットがあるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、自宅で名刺を作成する場合、裁断機を使って用紙をカットするはずなので、上手くやれば縦横比を黄金比にすることは可能となっております。

カッターやハサミでカットすると、凸凹が形成されて見た目のイメージが悪くなるかもしれないので、できる限り裁断機といった専用の道具を使って作成した方が良いのです。

黄金比の長方形は特に美しいとされており、黄金長方形の名刺であれば人目を惹くことは可能で、ライバル企業に差を付け、ビジネスを円滑に進めていくことができるでしょう。

手軽さと見た目を重視すれば、上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)といった業者を利用した方が良いものの、自宅で名刺を作成するメリットもあります。

好きな時に好きな枚数だけ印刷できるのが、自宅で名刺を作成する最大のメリットなので、黄金比を取り入れた名刺にチャレンジしてみてください。

「名刺の見本」に関するページ