格安で名刺を作成する方法

名刺の大きさについて

「名刺の大きさは決まっている」と考えている方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

確かに、物凄く大きな名刺では取り扱いにくいですし、小さな名刺では名前や住所だけを記載していっぱいいっぱいになってしまうため、基本的には91mm×55mmの4号が使われております。

業者に依頼して名刺を作成してもらう場合、特に大きさを定めなければこの4号が使われていることが多く、最も無難なサイズというわけです。

大きすぎて取り扱いに困るということは絶対にありませんし、小さすぎて個人情報を全く記載できないということもないので、91mm×55mmの4号を使っている方は多いでしょう。

また、国によって基本的な名刺の大きさが異なっており、日本では91mm×55mmの4号が多いものの、欧米では89mm×51mmというサイズが使われております。

他にも、現在では滅多に使われる機会がありませんが、85.5mm×48mmの3号、81mm×45mmの2号、75mm×39mmの1号、60mm×33mmの小型3号、55.5mm×30mmの小型2号など、幾つもの大きさがあるのです。

「名刺の大きさは○○mm×○○mmでなければならない」という決まりは特にないので、相手に強い印象を与えるためにも、他の人とは違ったサイズの名刺を作成するのは一つの選択肢だと説明できます。

しかし、4号の標準サイズが名刺には最も適しており、文字が大きく入ったり分類がしやすいということで、大半を占めているというわけです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、91mm×55mmの4号が取り入れられております。

名刺入れもこのサイズを中心に作られていることが多いので、お好きなテンプレートを定めて、Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、業者によってはホームページで標準の大きさの名刺しか表記されていないとしても、別のサイズの名刺を作成できる場合があるので、カスタマーサポートなどで問い合わせてみるべきです。

もしかしたら特殊なサイズの名刺を作成できるかもしれませんが、基本的にはメーカーのカタログには記載されておらず、特注と考えた方が良いでしょう。

印刷システムにより、大型のサイズや小型のサイズの名刺が作成できない業者もあり、91mm×55mmの4号が基本的な大きさだと頭に入れておいた方が良いのです。

他人と差を付けてオリジナリティの高い名刺を作るのは大事ですが、使い勝手が悪くなっては意味がないので、名刺の大きさは通常の4号を使用し、デザインや用紙の種類を変えて工夫を施すのがベストだと言えます。

名刺のサイズはある程度決まっていたとしても、業者によっては様々なタイプの用紙が使われていることがあるので、公式サイトを見てチェックしてみてください。

「名刺の見本」に関するページ