格安で名刺を作成する方法

名前だけの名刺を作成するのはどう?

名前だけの名刺を作成するのはどう?

ビジネスマンの方にはあまりいないと思いますが、名前だけの名刺を作成するケースは少なくありません。

本来の名刺の姿は名前を相手に伝えることですので、名前だけの名刺はおかしくないですし、親しくなってから住所や電話番号を手書きで入れるのが本来のルールですね。

儀礼的に相手に渡す名前だけの名刺は意外と流行していますし、住所や電話番号といった個人情報を知られたくないという方はたくさんいます。

勤め先を知られるのに抵抗を感じるというケースも決して少なくないので、軽い宴席の場で名前だけの名刺を使うのは選択肢の一つです。

その後に親しくなり、「この人ともっと関係性を深めていきたい」と感じたのであれば、詳細の内容を渡せば良いだけなのです。

とは言え、営業といったビジネスの場において、名前だけしか記載されていない名刺を見たら、相手の方は「どんな役職なの?」「どんな会社に勤めているの?」という疑問が湧きあがります。

 

・あなたの名前だけを知ってもあまり意味がない

・メアドや電話番号がなければ連絡を取り合うことができない

・どんな会社で何を仕事にしているのか全く想像できない

 

上記のように名刺をもらった相手は考えますので、自分に対する印象が悪くなるのは間違いないでしょう

これからビジネスを一緒に行っていくのであれば、相手の情報を手に入れるのは当然のことですので、名前だけの名刺では信用される可能性があるのです。

そのため、サラリーマンの方はいくら連絡先を相手に知られたくないと言っても、名前だけしか記載されていなければ質素なイメージを相手に植え付けることになり、信用を失うこともあるので注意した方が良いでしょう。

好印象を与える名刺をVistaprint(ビスタプリント)で作成しよう

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、自由にテンプレートに文字を打ち込めますので名前だけの名刺も作ることができます。

しかし、せっかくならば相手に好印象を与える名刺を作成した方が良いのです。

自分の職業に合ったデザインのテンプレートを見つけることができれば名刺を渡した時の第一印象を良くできますし、相手に「おっ!」「これは!」と思わせるのはビジネスでは欠かせません。

特徴的なテンプレートがVistaprint(ビスタプリント)では多いので、文字のフォントなども考慮してオリジナルの名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名前だけの名刺はワードやエクセルで作れる

名前だけの名刺を作りたいのであれば、業者を利用する必要はなく、自宅でプリントアウトした方がコストを抑えられます。

ビジネスで使用する名刺とは区別し、宴会の席で使用する時だけの名刺を作っておくのは一つの選択肢で、そこまでデザインに気を配る必要はありません。

しかも、名前を入力するだけなので、あまりパソコンに詳しくないという方でも用紙さえ購入すれば、ワードやエクセルを使って名前だけの名刺は作れるというわけです。

また、名刺は何も人間のためだけにあるのではなく、自分のペットの名刺を作ってみても面白いでしょう。

ペットには肩書きや住所などはありませんし、可愛らしい写真と名前を載せれば、自分がどのようなペットを飼っているのか相手に伝えられるというわけです。

名刺は意外な場所やタイミングで役立つツールですので、ビジネスだけではなくプライベートで使う名刺も作ってみてください。

「名刺の見本」に関するページ