格安で名刺を作成する方法

顔写真入りの名刺について

相手に自分の顔を良く覚えてもらうために、顔写真入りの名刺を作成しているという方は増えております。

一般的に、名前や住所、電話番号や会社名といった文字だけを羅列した名刺が多く、それでは殺風景ということでイラストや会社のロゴを加えるのが普通かもしれません。

これだけでも名刺の印象を良くすることはできるものの、顔写真入りの名刺であればもっと相手の好感度を上げることができるのです。

もちろん、使用する顔写真によって異なるので一概には説明できませんが、自分の好感度を上げるには会った時間ではなく、接触した頻度だと言われております。

つまり、初対面でそこから会う頻度が少なく、時間に換算しても短かったとしても、顔写真入りの名刺を作成して渡していれば、実際にあなたに会わなくても名刺を見るたびに接触頻度が増えるというわけです。

様々な業者で顔写真入りの名刺を簡単に作成できますし、オーソドックスなものから、イメージや業種を連想させるような個性的なレイアウトまでたくさん用意されております。

名刺交換の際にちょっとした会話を行ったとしても、様々な人間と顔を合わせるビジネスマンの方であれば、顔は何となく覚えていても名前が一致しないというケースは十分にあり得るでしょう。

携帯電話で話しているような感じの上半身を顔写真を載せていれば、どのような職業に就いているのか何となく連想されますし、写真は心の繋がりを生むとも言われております。

営業は顔を広くするのが仕事ですし、名前だけ覚えてもらっても顔も同時に覚えてもらわなければ意味がないので、顔写真入りの名刺はビジネスマンの方にとって効果的なのです。

ただし、ほとんどの方がデジカメで撮影したような顔写真を使っており、首から上だけが写った免許証の写真を載せているだけではあまり意味がありません。

表情にもよりますが、全体的に暗い印象になれば名刺としての質も大きく下がるので、良い印象が残るポージングや表情の顔写真を載せ、楽しい会話の記憶が蘇るようにしなければならないのです。

そのため、お金はかかるもののプロのカメラマンに撮影してもらうのは一つの選択肢ですし、1年間に1回は名刺に掲載する顔写真を変えるのも適しております。

「写真が新しくなったので名刺交換をさせてください」と言い、断られるというケースはほとんどありませんし、名刺交換を利用してビジネスチャンスを広げられるというわけです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、データ入稿によって自分が作成した顔写真やイラストを名刺に載せられるので、是非一度注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の見本」に関するページ