格安で名刺を作成する方法

名刺の印刷で使われている紙質は?

名刺の印刷で使われている紙質は?

名刺を作成するに当たって紙質は非常に重要な要素の一つとなっており、全体的な印象を決定付けるものだと説明できます。

名刺は自分の顔そのものであり、自分のために作るのではなく、相手に渡すために作成するものなので、自信を持って渡せる名刺を作りたいのであれば紙質にも気を配らなければならないのです。

自宅でパソコンとプリンタを使用して名刺を作成する時だけではなく、業者に依頼する場合も紙質を自由に選択できることがあります。

薄い紙や分厚い紙、ザラザラした和風の紙やクリアで光沢のある紙など、デザインだけではなく紙質も印象を決める要素の一つだということがお分かり頂けるでしょう。

とは言え、一般的に名刺の作成で使用されている紙質は「ホワイト・白」で、印字品質にも優れているということで、オンデマンド印刷を取り入れている業者でもオフセット印刷を取り入れている業者でも使用されています。

恐らく、多くの方がイメージする真っ白の名刺が「ホワイト・白」となっており、用紙の厚さも一般的で、価格が安いのでコストパフォーマンスが良く、表面も滑らかという特徴があるのです。

相手に与える印象も良いですし、「どのような紙質の名刺を作成すれば良いのか分からない」という方は、「ホワイト・白」を使ってみるのが良いかもしれません。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、この紙質の用紙が使われており、高品質な名刺を作成している業者なので、相手に良い印象を与えることができます。

しかも、100枚の名刺を作って990円という格安の価格となっており、自宅で作成するのと大きな違いはないので是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

名刺の印刷でおすすめの紙質は?

一般的な名刺の紙質は上記でホワイトだと記載しましたが、業者によっては他の種類が採用されている場合があります。

「オリジナリティを出したい」「独特の印象を相手に与えたい」という方は、特殊な用紙を使って名刺を作るのは選択肢の一つなのです。

「用紙の種類が変わっても大きな変化はない」と考えている方は多いものの、全体のイメージを決める要因の一つなので慎重に選ばなければなりません。

そこで、名刺を作成するに当たってホワイト以外のおすすめの紙質を幾つか挙げているので、見た目のインパクトを強めたい方は参考にしてみてください。

 

レイナR・・・・手触り感が良く名刺の印刷で利用されることが多い

プラスター・・・・色にナチュラル感がある

新バフン紙・・・・和風の印象が強い紙質

スタードリーム・・・・メタリックでツヤが大きな特徴

マットポスト・・・・分厚くて頑丈なため耐久性が非常に高い

PHO・・・・アイボリー色の用紙でコシがあるのが特徴

ミラーコートプラチナ・・・・光沢感があって清潔さを出せる

スケルトン・・・全体が透き通ったトレーシングペーパー

マーメイド・・・・表面が凸凹とした特殊紙

 

スタードリームなんかは見た目の印象が特徴的で、オーソドックスな用紙とは違った雰囲気になります。「○○○が良い」とは一概に決められないので、色々な用紙を使って印刷してみましょう。

「名刺の見本」に関するページ