格安で名刺を作成する方法

名刺の縦横比について

日本では名刺の縦横比は「55mm×91mm」となっており、多くのビジネスマンがこの縦横比を指標として名刺を作成しているはずです。

「55mm×91mm以外の名刺を作成して使ってはいけない」という決まりはありません。

欧米では「51mm×89mm」という縦横比の名刺が使われており、日本でも女性用の名刺として一回り小さな「49mm×85mm」のサイズが使われておりました。

印刷業者ならば名刺だけではなく、様々な大きさのショップカードを取り扱っているでしょうし、個人の好みに合わせてサイズを変えられます。

しかし、プライベートで使う名刺ならばまだしも、ビジネスで使おうと考えているのならば最もオーソドックスな「55mm×91mm」に統一させましょう。

個人の好き勝手で名刺の大きさを決めると、整理したりケースに入れたりする際に不便ですし、生産性も良くないのです。

そのため、日本のビジネス界では名刺の縦横比は「91mm×55mm」が標準だと暗黙の了解があり、この標準サイズが最も幅広く使われております。

「相手に印象を強く与えるために大きなサイズの名刺を作成したい」という気持ちは分かりますが、「この人は常識がないのではないか?」と日本では思われてしまうかもしれません。

奇抜なデザインの名刺もインパクトを与えるための手段の一つですが、逆に自分の首を絞めかねないので注意が必要です。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、一般的な縦横比の「55mm×91mm」が使われているので、どのようなテンプレートがあるのか公式サイトで確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺交換の際には相手に自分の印象を強く与えることが大事ということで、海外では奇抜な名刺がビジネスで使われております。

インターネットで検索してみれば分かりますが、標準の縦横比の「55mm×91mm」ではなく、三角形だったり立方体だったりとアイデアを駆使して名刺を作成しているのです。

確かに、長方形の名刺を使わなければならないという決まりはありませんし、海外の人は発想が柔軟だからこそ奇抜な名刺でも通用するのかもしれません。

しかし、日本では少々難しく、会社や自分のイメージが悪くなる可能性もあるため、通常サイズの「91mm×55mm」が最も適しております。

どの印刷業者に依頼しても、名刺の基本は「91mm×55mm」ですし、オリジナリティのある形状の名刺の作成を依頼するのは難しいのです。

形状は長方形と暗黙の了解で決められていたとしても、デザインは自由に変えられるので上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)で自分に合ったものを探してみてください。

「名刺の見本」に関するページ