格安で名刺を作成する方法

名刺の字体について

名刺に記載する文字の字体や書体は特に定められているというわけではなく、基本的には個人の自由となっております。

ビジネスマンがあまりにもふざけた字体にするのはおすすめできませんし、独創性を取り入れて逆に読みにくくなっては意味がありません。

名刺は研究発表で用いられる資料などと同じように、少しでも読み間違えを減らす努力を行わなければならないため、字体にも十分に配慮しなければならないのです。

例えば、オシャレで可愛いという印象の筆記体は、特徴的だと言えるのですが見えにくく、読み間違えも多いということで、名刺の作成にはあまり向いていないと言えます。

筆記体といったフォントを上手く活用できる場面はあるものの、名刺は相手の手元に残るものであり、あまりにも読みにくければ戸惑いを生むので、できる限り避けた方が良いというわけです。

世の中には様々な書体が存在しており、どの字体を使用するかによって職種や仕事内容のイメージは大きく変わるでしょう。

相手に良いイメージを与えられる字体は以下の4種類となっており、名刺の作成の際に使われることが多くなっております。

 

楷書体・・・・和風のイメージを与えられるため名刺で使用している日本人が多く、「伝統的」「老舗」という印象を与えられます。一方で古臭い感じが漂い、堅苦しさを感じることがあるかもしれません。

明朝体・・・・縦線が横線より太く、穏やかな印象を与えられる字体となっております。MSP明朝やHGP平成明朝など幾つかの種類があり、アピールしたいホームページのURLなどは太文字の明朝体にすると強調できるはずです。

ゴシック体・・・・角張っていて線の幅が全て均一になっているのがゴシック体です。他の字体と比べて力強い感じを与えるという特徴があり、新聞の見出しに使用されることが多くなっております。

ポップ体・・・・ビジネスマンの方はあまり使用しませんが、カジュアルなイメージのあるお店の名刺にはポップ体が使われます。遊び心を少し出したような書体で、上手く使い分けると効果的です。

 

以上の4種類が基本的な字体となっており、名刺だけではなく、印刷物でも採用されている場合があります。

最後のポップ体は微妙ですが、「楷書体」「明朝体」「ゴシック体」の3つであればどれも良い印象を抱かれるはずなので、自分が作成する名刺のデザインに合わせて字体は決めるべきです。

また、書体の種類によっても異なるものの、文字が細いと繊細で女性的な印象を与えることができ、太い文字ですと力強い男性的な印象を与えられます。

自分が就いている職業によって、名刺で使用する適した字体が異なるので、良く考えてみてください。

 

 

「名刺の見本」に関するページ