格安で名刺を作成する方法

名刺の厚さについて

名刺を作成するに当たり、デザインを重要視する方は多いでしょうが、意外と厚さには無関心かもしれません。

用紙の厚さは最近ではあまり差はありませんが、名刺の印象を決める重要な部分なので、どの程度の厚さの用紙を使えば良いのか事前に考えておいた方が良いのです。

とは言え、一昔前と比べて、現在では厚みのある用紙で名刺を作りたいという方は減っており、これは名刺の印刷方法が変わったからだと説明できます。

以前は、活版印刷という方法が採用されており、名刺の大きさの用紙を1枚ずつ刷っており、厚さのある用紙でも全く問題はありませんでした。

しかし、現在ではオフセット印刷を取り入れている業者が多く、どこもカラー印刷となっており、用紙の厚さに限界があるため、業者による差があまり見られなくなったというわけです。

それでも、名刺の厚さを選択できる業者はあり、一般的なコート紙を例に挙げてみると、「約0.19mmの薄口」「約0.20mm〜0.24mmの中厚」「約0.2mm〜0.29mmの厚口」「約0.30mm〜0.39mmの特厚」「約0.40mmの超厚口」の5種類に大きく分けられております。

全ての業者で自由に厚さを変えられるというわけではありませんが、個人の名刺のデザインに合わせて選択できる場合もあるのです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、残念ながら用紙の厚さは設定できないものの、耐久性とコシのあるスマートな用紙が採用されているので、是非注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、「名刺の作成で使用する用紙の厚さはどのくらいが良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

これは一概には言えませんが、薄い名刺にも厚い名刺にもメリットとデメリットがあるのです。

厚さの薄い用紙の一番のメリットは嵩張らないということで、何枚を重ねても持ち運びがしやすく、しかも軽いということで、名刺を相手に渡す機会の多いビジネスマンの方に適しております。

それに、ペラペラで扱いにくく、逆に相手が大事に扱ってくれるかもしれないので、自分の名前を覚えてくれるのではないでしょうか。

しかし、耐久性が低く、直ぐに破れてしまう可能性が高いですし、安っぽい印象に見えるというデメリットもあるため、デザインの工夫がより一層大事というわけです。

分厚い名刺は折れ曲がりに強く、耐久力もしっかりと持ち合わせているので、長持ちさせられるというメリットがあるものの、薄い名刺と比べて価格が高くなる傾向があるので、コストの面では適しておりません。

どちらの厚さの名刺を使用するにしても、自分の顔の代わりとなる重要な存在なので、良く考えてから発注してもらうべきです。

「名刺の見本」に関するページ