格安で名刺を作成する方法

名刺とアスペクト比について!

画面や画像の縦と横の比のことをアスペクト比と呼んでおり、テレビなどを家電量販店で購入する際に、聞いたことはあるのではないでしょうか。

名刺のアスペクト比は基本的に55mm×91mmの4号サイズが多いため、「1:1.654」となっております。

この縦横比は黄金比に近いと言われており、自然界に存在する美しい形に酷似しているということで、このサイズが適用されているわけです。

正確な黄金比ではありませんが、これは印刷特性を考慮したものなので仕方がないですし、人間がパっと見て美しい形だと感じるのは間違いありません。

個性的な印象を残すために、特殊な形をした名刺や、サイズの大きい名刺を作っているという方はいらっしゃるものの、アスペクト比を考慮するのが大事だと説明できます。

あまりにも横の長さが長かったり、正方形だったりという名刺では、相手に良い印象を与えることができず、個性的だとしても普及していないのが現状なので、できる限り避けた方が良いというわけです。

また、業者を利用して名刺を作成する際、アスペクト比は「1:1.654」の55mm×91mmが多いため、綺麗な黄金比の名刺を作成したいのであれば自宅で作る必要があります。

他のページで詳しく説明致しましたが、パソコンとプリンタ、印刷用紙さえあれば簡単に作れますし、初心者の方でもできるので試す価値は大いにあるというわけです。

それでも、自宅のインクジェットプリンタを使用するよりも、業者のオフセット印刷などを利用した方が綺麗な名刺が出来上がるので、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

100枚の名刺が990円と、自宅で作成した時と比べてあまりコストが変わらない業者なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を試してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、自宅で名刺を作成するのではなく、業者に依頼して黄金比の名刺が欲しいのであれば、55mm×89mmというサイズが適しております。

全ての業者が採用しているというわけではありませんが、この名刺はアスペクト比が黄金比の「1:1.618」となっているのです。

基本的なサイズの55mm×91mmとは異なり、パッと見た感じの印象を上げられるので、非常に人気があるのではないでしょうか。

「数ミリしか違わないのに相手は気付くの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

確かに、些細なことなので神経質だと思うかもしれませんが、名刺が相手に与える印象は想像以上に大きいので、細かい部分に着目して作成に時間をかけたとしても損はないというわけです。

「名刺の見本」に関するページ