格安で名刺を作成する方法

名刺を有効活用しよう

ビジネスで使用する名刺は自分の印象を決めるツールの一つとなっており、自分のことを知ってもらうために有効活用する必要があります。

初対面だからこそ相手に好印象を与えることが大事で、人間は第一印象で大よそが決まるケースが多いため、名刺を有効活用しなければならないというわけです。

ありきたりなデザインの名刺ですと、相手に渡したとしても数ある名刺の山の中に埋もれ、忘れ去られてしまう可能性が高いので、破棄されないための工夫が必要となります。

かといって、表面にゴチャゴチャと事業内容やキャッチフレーズなどを名前や住所と一緒に記しても、逆に見にくくなって悪い印象を与えてしまうかもしれないので、裏面を有効活用しましょう。

頂いた名刺を見ると、裏面を使っているという方は意外と少なく、何もない真っ白な状態になっているはずです。

これでは名刺が勿体無いですし、相手には自分のことが何一つ伝わらないので、自己アピールするために裏面を有効活用することでビジネスチャンスを少しでも広げることができます。

そこで、名刺の表面には名前や会社名、住所や電話番号など欠かせない情報を記載し、裏面に事業内容な営業内容など、自分がどのような仕事を行っているのか簡潔に記載してみるべきです。

自分の得意分野を裏面に記載するのも選択肢の一つとなっており、あまりにも項目が多いのであれば「ホームページ作成」「サーバー構築」というように、箇条書きで記載すれば簡潔に相手に伝えることができます。

他にも、飲食店の経営を行っている方であれば、住所だけではどこにあるのか分からないはずなので、裏面にお店への行き方を簡単に表した地図を載せるのが良いかもしれません。

また、少しでも自分のことを知ってもらうために、保有している資格や今までの実績などを載せれば、「この人にはこのような能力があるのか」と相手に知らせることができます。

裏面に英語表記をするのはありきたりかもしれませんが、有効活用できる方法の一つで、グローバル化した現代においては欠かせないはずです。

書き方や表記方法はたくさんあるので一概には説明できないものの、外国の方と頻繁に名刺交換をする職業に就いているのであれば、英語表記は絶対に必要だと言えるでしょう。

以上のように、名刺の裏面を有効活用することで、他の人と差をつけられますし、あなたの印象がアップすることは間違いないです。

名刺のデザインやテンプレートだけに拘るのではなく、裏面をどのように使うのが効果的なのか良く考えてみてください。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ