格安で名刺を作成する方法

名刺の渡し方の向きについて

多くの会社では社会人になった新入社員の方にビジネスマナーの研修をさせることが多く、ほぼ確実に項目の一つとして出てくるのが名刺の渡し方となっております。

名刺の渡し方が間違っているだけで常識がないと相手に思われるケースは少なくないですし、社会人であれば心得ておいて当然のことなので、曖昧なまま覚えていると非常に危険です。

意外と疎かになりがちなのが名刺の渡し方の向きで、相手が読みやすいように差し出さなければなりません。

裏面の状態になっているのは論外ですが、名前や住所などが逆では相手は読みにくいので、向きを変えて胸の高さまでかかげる渡し方が基本となっております。

初めての商談の場合、あたふたとしてしまうことが多く、名刺の向きを逆にして渡してしまうことがあるかもしれないので、名刺入れの中に逆さまにしておくのが良いのではないでしょうか。

名刺の渡し方の順序について

名刺の渡し方の順序も大事な要素の一つとなっており、訪問者から目上の立場の順で渡すのがルールとなっております。

1対1での商談の場合はこのような渡し方が基本で、上司と同行している際は先に上司が相手と名刺交換を行い、その後に自分が渡すという順序を守らなければならないのです。

日本では目下の者から目上の者の順序で名刺を渡すのがマナーで、ここで言う目下の者とは年齢ではなく、「お金を頂く」「お仕事を頂く」立場の者だということを心得ておく必要があります。

もし、お互いが複数名で商談を行っている場合は、「上司と相手の上司」→「自分と相手の担当者」→「上司と相手の担当者」→「自分と相手の上司」という順序を守るようにしましょう。

「上司と相手の上司」と「自分と相手の担当者」の名刺交換は同時進行されるケースもありますが、狭い空間で商談を行っている際は、上司の名刺交換が終わるまで待つのがベストです。

片手での名刺の渡し方は失礼なの?

「片手での名刺の渡し方は失礼なの?」という疑問を抱える方がいらっしゃいます。

確かに、両手で相手に名刺をお渡しするのが基本的なマナーとなっているものの、立ったまま同時に名刺を差し出したり、多人数での同時交換が行われたりするシチュエーションがあるはずです。

このような時は両手で相手に渡せないかもしれませんが、片手でも失礼ではないので安心してください。

以前までは両手による渡し方が基本となっていたものの、多人数の場合は時間がかかって商談が長引き、無駄だと考えられるようになったので、現在では片手でも問題ないという見解になったようです。

ただし、片手で名刺を渡すとしても、謙虚さを伝えるために相手よりも低く差し出すことが重要で、逆に相手から名刺を受け取る際は「頂戴します」と一言添えるようにしましょう。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ